スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第12週 第13週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第12週 第13週

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版「猫侍」 [ 北村一輝 ]
価格:4683円(税込、送料無料) (2019/12/12時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版「猫侍」【Blu-ray】 [ 北村一輝 ]
価格:5414円(税込、送料無料) (2019/12/12時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版「猫侍 南の島へ行く」 [ 高山善廣 ]
価格:4072円(税込、送料無料) (2019/12/12時点)












スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第12週 第13週

12月16日月曜日より放送の第12週では...。

いよいよ「幸せの大きな一歩」となるのかなあ。


それは、喜美子(戸田恵梨香)との結婚の条件を満たすべくして、八郎(松下洸平)が陶芸展に出品する作品づくりに取り組んだ矢先のこと...。


何と、明けて1960(昭和35)年1月正月休み早々より、迂闊にも受注してしまった大野雑貨店店主・大野忠信(マギー)からの大量のコーヒーカップも、手掛ける破目になって...。

八郎の申し訳なさと行き詰まりを、誰よりも強く感じ取った喜美子(戸田恵梨香)は、自分からコーヒーカップを仕上げると申し出るや、すぐに取り掛かることに...。

喜美子は、陶芸の醍醐味と八郎との結婚生活の夢を、いっぱいにしての心躍らせる日々となって...。


喜美子がやっと完成したコーヒーカップを、忠信の喫茶店・SUNNYへ納めることになれば...。

八郎も陶芸展に出展する作品を、やっと完成させて...。

意外や二人を陰ながら見守っていた常治(北村一輝)は、八郎の受賞を信じる一方で、喜美子と八郎の結婚のために、新たに家を増築しており...。


陶芸展の当日を迎えて...。

入賞者発表とともに、照子(大島優子)が真っ先に駆けつけて知らせてくれて...。

そう、八郎の入賞の報せが、信楽中に知れ渡って、方々からの祝福の声に溢れることに...。


こうして喜美子と八郎の結婚の運びとなって、川原家では写真撮影へ...。

ふと常治が何気に八郎へ意外な胸の内を語って聞かせる中でのこと...。

大阪からある人物が、SUNNYを訪ねて来て...。

急ぎ駆け込んだ忠信の妻・陽子(財前直見)からの報せで、喜美子が駆けつけたところ...。

何と、喜美子のコーヒーカップをたいそう気に入ったとのことだった。

喜美子は、まだ陶芸の技術に自信を持てない中とあって、ただためらうばかりに...。



12月23日月曜日より放送の第13週にて...。


まさに、サブタイトル「愛いっぱいの器」ならではの幸せなひとときが...。


あれから4年の歳月が流れての1964(昭和39年)...。

1937(昭和12)年生まれの喜美子は、すでに八郎との間に生まれた4歳の長男・武志とのほのぼのとした日々の中で...。

八郎は喜美子からの精一杯の愛情に支えられながら、陶芸展に出品する作品をつくり続ける日々にあって...。

特に喜美子は、収入のごく僅かの八郎に代わって、食器などをつくっては、暮らしを後押しする日々もあって、忙しかった。


そんなある日のこと...。

何と常治が身体を壊して倒れてしまって...。

咄嗟のことで驚き半ば茫然の喜美子だったが、すぐに持ち直すや、皿づくりに取り組むことになって..。

家族も喜美子を手伝って、精一杯に支えることに...。



気になってしまう...。


北村一輝演じる川原常治が...。


戸田恵梨演じる喜美子にとっても...。

松下洸平演じる八郎にとっても...。

今や二人の一番の心の拠り所となっただけに...。



となれば、もしかしたら、かの代表作である、2013(平成25)年10月より東名阪ネット6および5いっしょ3ちゃんねる加盟局など放送のテレビドラマ時代劇を皮切りとして...。

かの勢いのまま、2014(平成26)年3月より劇場版映画『猫侍』として、さらに2015(平成27)年9月より劇場版映画『猫侍 南の島へ行く』として、長く続くことになっての孤軍奮闘物語に...。


そう、あの「まだら鬼」と異名を馳せた凄腕剣客で元・加賀藩剣術指南役・無双一刀流免許皆伝・斑目久太郎そのものの人となりだったりして???


かねてより長く仕えるも、やむを得ない事情あっての貧しさ深まる奉公先を追われてしまって...。

意を決しての再起をかけて、単身で江戸にたどり着いたものの...。

剣術以外に何の取り柄のないがために、軸足の定まらないまま、浪人として困窮した日々の暮らしを余儀なくされてしまって...。

悲しいかな、その場しのぎで信条を曲げて妥協してしまうことも、しばしばで...。


それでも、甘い羊羹が大好物で、信条のあるだけでも、常治よりはまだましかもしれない???


あの2014(平成26)年2月より発売の『猫侍公式フォトブック 斑目久太郎 featuring 玉之丞』(大町信也/AMG出版)で、じっくりと魅入ってしまうそうかなあ。


もちろん、あの東京都台東区松が谷の浅草かっぱ橋で創業97年「招き猫の専門店 オルネコイデ」からの【万福唐招き猫 中サイズ 左手】や【万福唐招き猫 右】とともに...。


たとえこの先、不意にいかなる事態に見舞われてしまったとしても...。


いわゆる長い人生の節目節目において、幸先の良さだけは、ずっと意識していたいな。

タグキーワード
2019-11-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます