スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第6週 第7週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第6週 第7週

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

先生と迷い猫 豪華版 [ イッセー尾形 ]
価格:4273円(税込、送料無料) (2019/11/2時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

先生と迷い猫 豪華版【Blu-ray】 [ イッセー尾形 ]
価格:6061円(税込、送料無料) (2019/11/2時点)



スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第6週 第7週

11月4日月曜日から放送の第6週では...。


いよいよサブタイトル「自分で決めた道」...。

喜美子(戸田恵梨香)が目覚める時か来る?


母・マツ(富田靖子)が倒れたとの火急の報せに、悲痛さに掻き立てられて信楽へ急ぎ戻った喜美子だったが...。

何とマツは元気だった。 そう、すべては父・常治(北村一輝)のついた嘘。 奇しくも反抗がより激しくなりつつある直子(桜庭ななみ)に寄り添って心を開かせようと、喜美子の手を借りるためについた嘘だった。

しかも、かねてからの実家の借金は増えるばかり。 怪我で働けないことに甘んじてか、常治の酒癖の悪さも、より酷くなって...。

さらには、勝手に荒木荘へ電話して、喜美子が辞めるとも..。

そんな常治を見かねて、喜美子が意を決して向き合った上で、打ち明ける。 大阪で働きながら美術学校へ通う心積もりを...。

しかし、常治は頭ごなしに猛反対するばかり。

売り言葉に買い言葉での反発ぶりの喜美子だったが、偶然道端で再会した信作(林遣都)から、マツの薬代も払えなくなっている川原家の窮状を聞かされて...。

結局あきらめるしかなかった。


喜美子は一旦大阪へ戻って、荒木荘のなじみの人たちにありのままを打ち明けて、名残惜しそうに別れるしかなく...。

そして、故郷の信楽へ里帰りすることなった。


先の荒木荘での雑女中の仕事の経験を活かしての家事に奮闘ふる日々にある喜美子は、すでに仲直りした常治からの口利きあって、喜美子の幼なじみ・照子(大島優子)の父・秀男(阪田マサノブ)が社長を務める丸熊陶業で働くことになったものの...。

社員食堂における日々の仕事は、かの荒木荘の女中の仕事に比べて、単調で張り合いのないもので...。


そんなある日のこと...。

ふと喜美子は、工場の中で偶然に絵付けされた火鉢を目にするや...。

その火鉢の美しい絵付けに惹かれるまま、立ち入り禁止の作業場に入ってしまって...。

喜美子の想いを知る照子も信作も、つられて入っては、ともに絵付けの作業に魅入ってゆく。

そこへ、数人の絵付け職人たちが現れるも、意外や怒ることもなく、そのまま素通りして...。

ほどなく、会社と対立して辞めた後と知った喜美子は、照子への頼み込みとともに、絵付け職人になろうと心に決めて...。


ところが...。

明くる日の作業場に出向いたところ、何と新しい絵付け職人の姿が...。



11月11日月曜日より放送の第7週では、いよいよ...。


サブタイトル「弟子にしてください!」...。

それだけに、すんなりと勧めるのかどうか、気になってしまうもので...。


唐突に作業場に現われた喜美子を何気に一瞥して受け止めることになった、かの新しい絵付け職人である深野心仙(イッセー尾形)という初老の男は、秀男から急ぎ招かれたことあってなのか...。

初対面ながらの喜美子からの唐突な頼みごとには、ただの遊びぐらいにしか思ってなくて...。

それでも、喜美子の表情とともに、自身で淡々と進める仕事における何気ない気遣いから、心仙は本気を察するなり咄嗟に顔色を変えて...。

心仙は、喜美子に静かに向き合って打ち明ける。 受け入れられない。 本気で絵付師になるためには、ただ働きでの修業を何年も続けなければならないから、長くは持たないであろうとして...。


喜美子は激しい落ち込みを引きずったまま、帰り着くことになったところ...。

突然、遊びに来たちや子(水野美紀)が、喜美子の目の前に現われて...。

互いの再会を喜び合った勢いのまま、ちや子は打ち明ける。 すでに新聞社を辞めて、婦人雑誌の記者としての仕事におけるやりがいからの、活き活きしした日々を...。

喜美子は一気に堰を切ったかのように、感情をぶちまげたまま、この日のことを打ち明けることになって...。

静かに受け止めたちや子は、傍で何気に見ていた常治に目を配るや、喜美子の切なる願いを叶えさせてあげたいと訴える。

しかし、常治は無情にも受け入れなかった。


ふと、何気に居たたまれなくなった常治は、足を向けたなじみの行きつけの飲み屋で、思いもかけずに心仙と隣り合わせになって...。

意を決するや、あえて素性を隠して、絵付けの仕事について尋ねたところ...。

心仙は淡々と何気にぶっきらぼうのまま、つぶやいた。 ただの世間知らずの女子社員が、ただの思いつきで絵付けの仕事をしたいと願い出たことを。 そのような人間に限って、すぐに値を上げるであろうことを...。

そのつぶやきっぷりから、かの女子社員が喜美子と知るや、常治は怒り心頭になってぶちまげる。 喜美子は根性なしなんかじゃない、と。


その怒り心頭の勢いのままの常治は、喜美子の絵付師としての修業を快く受け止めることになった。



イッセー尾形演じる・絵付師・深野心仙か...。

さすがかの一人芝居のスタイルを確立させたことでの「日本における一人芝居の第一人者」そのものであるかのような姿勢と人となりともなれば...。


ふと思い浮かんでしまった。

あの2010(平成22)年10月10日日曜日より公開の主演映画『先生と迷い猫』で演じた主人公の元中学校校長・森衣恭一の姿を...。

あの堅物で偏屈なおじいさんを。

すでに亡くなってしまった妻が誰よりも可愛がっていた三毛猫・ミイを、煩わしく思ってばかりの無頓着さを...。

そんなある日突然のミイの行方知れずからの慌てっぷりを…。



もしや、かの絵付師・深野心仙と同じくらいの人間味だったりして?

いや、森衣恭一がそのまま乗り移っている?


これからも目が離せないや。

タグキーワード
2019-10-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます