スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第4週 第5週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第4週 第5週




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君が踊る、夏 [ 溝端淳平 ]
価格:4521円(税込、送料無料) (2019/10/22時点)



スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第4週 第5週

10月21日月曜日よりの第4週では...。

サブタイトル「一人前になるまでは」ならではの展開が...。


それは、ちや子(水野久美)の働く新聞社の編集長・平田昭三郎からの注目あって、喜美子(戸田恵梨香)に転職の話を持ちかけられてからのこと...。

かの編集長は、喜美子に巧いことつぶやいてゆく。 今働いている荒木荘の女中の5倍の給料だから、と。

願ってもない好条件に、喜美子は即決したが、すぐさま伝わった荒木荘の住人たちをも巻き込んだ賛否両論となって...。

やがて、雄太郎(木本武宏)からの助言を容れるかのように、1日だけ試しに働くことになったものの...。

室内に入るや、方々からの怒鳴り声ばかり飛び交う記者たちの激しい仕事ぶりを跳ね返すかのような、ちや子の男顔負けの怒涛の働きっぷりに、喜美子はただ圧倒されるばかりだった。

喜美子は転職を断ることになった。


喜美子は、決意を固めてゆく。

まだ一人前にもなっていない女中の仕事を投げ出すべきではない。のぶ子三林京子に認められて、女中として一人前にまなるまでは、今の仕事をやり抜こう、と。


ところが...。

信楽の実家から、父・常治(北村一輝)の雇った二人の青年が、喜美子からの仕送りとラジオを盗んで逃げたという報せが...。

しかも、喜美子の給料の前借りを目当てに、常治が向かっているとあって...。

久しぶりの父と娘の再会も、のぶ子(三林京子)の前とあって、ぎこちないままの状態の続いた上に...。

そして、互いに押し付け合いとなってしまって...。

二人を察したのぶ子は、思いもかけない持ちかけへ...。


喜美子が荒木荘で働きはじめて、およそ2年後の歳月が流れた1955(昭和30)年のこと...。

すでに喜美子は18歳を前にしながら、女中の仕事ほぼすべてこなせるようになったものの...。

半年過ぎてもいまだに続く雄太郎の家賃滞納と、荒木荘全体における費用の支払いの支障が続いいていて...。

肝心の雄太郎は、すでに姿をくらましており、手を尽くして探しても、いまだに行方知れずのままで...。

追い討ちをかけるかのように、毎日の朝と夕方に必ず荒木荘の前を通り過ぎる、犬を連れた見かけの怖そうな男性による、犬の糞の不始末にも、悩まされており...。


ある日の夕方のこと...。

喜美子から哀願されて窮状を慮った圭介(溝端淳平)が、荒木荘の門構えの裏で待ち構えていると...。

何と、意外にも犬を連れた若く美しい女性が、圭介の目の前に現われて...。



10月28日月曜日より放送の第5週となって...。


いよいよサブタイトル「ときめきは甘く苦く」ならではの...。

もしや、切なくて儚い展開を予感させられそう?


かの若い女性・あさ子(佐津川愛美)への一目惚れを、圭介から打ち明けられた喜美子はじめ、ほぼ家族同然の荒木荘に住む人たちからの、温かいおせっかいに満たされる夢見心地とは、裏腹に...。

喜美子自身は、内心いくらか複雑で...。

すぐに察したちや子は、喜美子にさり気なく伝えてゆく。 圭介への恋心なのだ、と。


あさ子との交際がはじまってしばらく...。

すでに喜美子の存在を薄々感じつつあるあさ子の勧めあって、喜美子の胸の内を意識しないままの圭介は、嬉しさいっぱいに、あさ子の近くの大学の学生寮へ引っ越すことになって...。

喜美子は笑顔で送り出すだけだった。


喜美子が圭介と別れて、人目を忍んでの涙を流し切ってから...。


絵を学ぼうと美術研究所入所へ入る心積りで日々奮闘する中でのこと...。

ふと知ることになった美術研究所の講師・ジョージ富士川(西川貴教)のサイン会へ、出向くことになって...。

サインを手渡すジョージから、これまでのいきさつと夢をいっぱいに語る姿を褒められて、喜美子が嬉しさいっぱいにひたる中でのこと...。

何と突然、あの懐かしい宗一郎(佐藤隆太)との再会することになった。


ところが...。

宗一郎は浮かない顔のままだった。

気になって尋ねた喜美子が聞かされるには、宗一郎のかけがえない妻だった里子は、すでに他の男性との一緒に暮らしていたという。

喜美子から案じられながらも背中を押された・宗一郎は、客になりすまして里子の住む大阪の食堂へ足を運ぶことになって...。

言葉にできない想いを隠しながらも、宗一郎が何気に里子を見つめて...。

そして、気づかぬふりして何気に離婚届を気づきやすいテーブルに置くや、そのまま去っていった。


区切りをつけた宗一郎が、東京へ帰ってほどなく...。

突然、父・常治から喜美子へ電話が...。

何と、母・マツ(富田靖子)が倒れたとのことだった。



喜美子の両親の先行きの案じられることは、もちろんのこととして...。


その前に、どうしても気になってしまう。

戸田恵梨香演じる喜美子がほのかな恋心を抱く、溝端淳平演じる圭介との関係が...。



もしや、雲行きの危うい成り行きになってしまうのかなあ。


何よりも、かの溝端淳平の過去の出演作品だけに...。


振り返ってみること、まずはかのメイの手掛けたケータイ小説を原作とする、2008(平成20)年12月6日土曜日より放送のはじまって、12月20日土曜日の映画公開を経ての、第9話以降の描かれた2009(平成21)年2月28日土曜日までのドラマ全11話放送、フジテレビ土曜ドラマ『赤い糸』が...。

同じ誕生日の「1992年2月29日」に運命を感じてしまったヒロイン・竹宮芽生(南沢奈央)が恋してしまうする優男で中学生の級友・西野敦史(溝端淳平)の人となりが...。

しかも、芽生の親友・中川沙良(桜庭ななみ)を巻き込んでしまっての展開になってしまって...。


もちろん、溝端淳平単独初主演映画も...。

そう、2010(平成22)年9月11日土曜日より公開の香月秀之監督・脚本の朝日放送創立60周年記念作品・東映映画『君が踊る、夏』が...。

あの時演じた、元よさこいチーム・いちむじんメンバーで東京カメラマン志望青年・寺本新平...。

若者ならではの夢と現実の狭間での悶々とした葛藤ぶり...。

本当にほろ苦かったけど...。

あのよさこいの熱気に煽られての喜怒哀楽と青春群像には、忘れられないものがあって...。



長きにわたる人生を生き抜くからには、ありとあらゆる波乱は避けられないものだろうけど...。


とりかえしのつけられない蹉きだけは、何としても避けたい気持ち、自分一人だけ?

タグキーワード
2019-09-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます