なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第23週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第23週










なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第23週

9月2日月曜日からの放送では...。


何とサブタイトル「なつよ、天陽くんにさよならを」...。

となれば、もしや...。


時は1973(昭和48)年の熱い夏の盛りでのこと...。

かの『魔界の番長』は、大ヒットしたものの、長女・優の恐がる作品だっただけに、なつ(広瀬すず)は仕事を続けるべきかどうか悩みを深めており...。

ほぼ同じくして、麻子(貫地谷しほり)の会社・マコプロダクションでは、アメリカ西部の開拓者家族を描く作品の企画が進んでいて...。

一久(中川大志)としては、なつと一緒の制作が望みだったが...。

当のなつは、これまで世話になった努(井浦新)たちの意に反してしまうことに、悩みを深めては、躊躇うことも多く...。


一方の北海道・十勝では...。

天陽(吉沢亮)が、体調不良を壊しての入退院の繰り返しの日々真っ只中にあって...。

それでも、退院と嘘をついてまでも家へ帰った天陽は、アトリエへこもるなり、描きかけの絵を完成させてゆくことに...。


9月を迎えて...。

悩みを引きずったままのなつは、優を連れて十勝を訪ねることになって...。

そして、天陽の最後の絵画を目の当たりにすることになって...。

なつは、マコプロダクションで一久と仕事する決意を固めてゆく。


1974(昭和49)年3月、なつは長く勤めて愛着いっぱいの東洋動画を離れることになった。



とうとうここまでに...。


2016(平成28)年4月26日火曜日より発売の『最期の絵 絶筆をめぐる旅』(窪島誠一郎/芸術新聞社)のように...。

否応なしに突き付けられてしまうのか? いや、そうあってほしくない。

といった思いを抱えている人たち、ほかにもいるかなあ。



もちろん、決して忘れない。


北海道の十勝・鹿追の大地に生きた夭折の画家・神田日勝をモデルにした山田天陽の生きざまを...。

生涯最後に描いたとされる未完の作品「馬(絶筆・未完)」の馬をモチーフにしたクッキーを...。

【柳月 日勝 鹿追アートビスキュイ 8枚入】への想いを...。



そして、現在の北海道鹿追町からも...。


【ふるさと納税 鹿追牛焼肉用(鹿追牛Bセット) 鹿追牛ロース焼肉用(交雑種)225g×2】ならではの「鹿追生まれの鹿追育ち町内完結型」生産体系の確立ぶりを...。

赤みの旨みだけでなく、脂身の美味しさにもこだわった牛肉づくりを...。


【ふるさと納税 蕎麦大好きセット】という「にしかみ農園産」ボタン種そば粉と打ち粉・つなぎに粉を合わせた約10食分のセットとしての、人気のそばを...。


【ふるさと納税 とかち産有機(JAS認定) 小麦100%の全粒粉山食とブールのセット】...。

地元ですら入手の難しい国産ならではの味わい...。


大地の恵みから産み出された多くの幸、永遠であってほしいもの...。

タグキーワード
2019-08-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。