なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第22週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第22週




なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第22週

8月26日月曜日からの放送にて...。


サブタイトル「なつよ、優しいわが子」とは...。

実際の育児と夢を与える仕事を通しての子どもたちへの応援にまつわる人間模様かなあ。


なつ(広瀬すず)は新作『キックジャガー』の作画監督を任されるまでになる一方で...。

肝心の優を預かる保育園は、いまだに見つかないままで...。

マコプロダクションに入ろうと考えていた一久(中川大志)も、優を案じる想いは同じく...。


互いに悩みに悩むの日々の続く最中でのこと...。

幸運にも、すでに職場を離れて育児に取り組んでいた茜(渡辺麻友)が、二人の事情を慮った上で、優を預かってくれて...。

なつは、仕事と育児の両立へ、前向きに取り組めることになった。


時は流れて1972(昭和47)年...。

優が4歳になった時のこと...。

『キックジャガー』の放送が終わってから...。

直ちになつは、新作『魔界の番長』の作画監督を命じられたものの...。

何かと暴力描写の多い作風だけに、再三戸惑うこともあって...。

結局のところ、日々の生活のこともあって、乗り気のなさを抑えつつも、なつは引き受けることになった。


そんなある日のこと...。

唐突に夕見子(福地桃子)が、なつを訪ねて来て...。

そして、思いもかけないことを伝えることに...。

近いうちに農協を辞めて、雪月の仕事に取り組む心積もりであろうことを...。

かねてより農業が上手くいかずに、絵を売って生活を支え続けた天陽(吉沢亮)が、とうとう過労で倒れて入院してしまったことを....。



なつ本人としては...。

女性として、母として、職業婦人として、手探りながらも少しずつ上り坂に差し掛かった頃なのかなあ。


その矢先の不本意ながらの取組みを余儀なくされてしまった、暴力描写の多い荒々しい作風とは一体...。



もしかしたら...。

あの『週刊少年マガジン』(講談社)1974年3.4合併号から1976年39号まで掲載された、梶原一騎原作・ながやす功作画による劇画漫画を足掛かりとして...。

1974(昭和49)年7月13日土曜日より公開の映画『愛と誠』を手始めに...。

1975(昭和50)年3月15日土曜日より公開の映画『続・愛と誠』を経て...。

1976(昭和51)年9月23日木曜日より公開の映画『愛と誠・完結篇』まで...。

といった3部構成のような衝撃作に近いのかなあ。


どのように仕上げてゆくことになるんだろうか...。

目が離せないや。

タグキーワード
2019-08-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます