なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第21週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第21週


なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第21週

8月19日月曜日からの放送では...。


サブタイトル「なつよ、新しい命を迎えよ」といい...。

なつ(広瀬すず)にとって、公私ともに新たなる生命の息吹の高まることになる中でのことか...。


それは、麻子(貫地谷しほり)がイタリアから帰国するや、アニメ制作会社・マコプロダクションを起こしてからのことで...。

すでに、克己(川島明)の入社も決まっており、一久(中川大志)も麻子からの直々の誘いもあったものの...。

ただ、一久としては、せっかくのなつの仕事上での滞りを、何よりも案じており...。


やがて、なつの臨月の近づいたある日のこと...。

北海道・十勝から、富士子(松嶋奈々子)と剛男(藤木直人)と泰樹(草刈正雄)が、なつの住む東京・西荻窪の借家を訪ねて来て...。

皆からの温かみに包まれる中、なつは無事に女の子を出産した。

泰樹は、優しい子になれるようにとの願いを込めて、「優」と名付けた。


一久としては心に決めていた。

優が1歳になれば保育園に預けて、マコプロダクションに入ってのアニメーションの現場に復帰することを...。


ところが...。

1969(昭和44)の春のこと...。

いまだに優を預かってくれる保育園は、見つからないままで...。

なつは途方に暮れるばかりだった。



ふと思い浮かんでしまった。


マコプロダクションにおけるアニメーションとしての独自性とは世界観とは、一体どのような魅せ方なのかを...。


もしかしたら、あの2008(平成20)年9月13日土曜日より公開の後藤ひろひと原作・中島哲也監督脚本・役所広司主演映画『パコと魔法の絵本』に近い作風なのかなあ。


何よりも、病院を舞台とあってなのか、乱高下の激しさを繰り返しながらの楽しく目まぐるしい展開だけに...。

貫地谷しほり演じたサオリちゃんと女子社員か...。

一体何処にいるんだろうか???

お恥ずかしながら、探すのが大変そう...。

タグキーワード
2019-07-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます