なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第10週 第11週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第10週 第11週






なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第10週 第11週

6月3日月曜日より放送の第10週では...。

いよいよサブタイトル「なつよ、絵に命を与えよ」か...。


あれから...。


なつ(広瀬すず)は、東洋動画仕上げスタッフとなって...。

おもな仕事は、アニメーターが仕上げた原画をセルに写して、それに彩色してのセル画に仕上げる作業だった。

並行する形で、先輩社員からの勧めに押されては、書き損じで捨てられた原画をゴミ箱から拾っての、原画の模写にも取り組むことになって...。

右往左往ながらも、懸命に突き進むなつだったが...。


特に、自他ともに実力の認められている大沢麻子(貫地谷しほり)からは、日頃から冷たく当たられることが多く、なつは思い詰めることもしばしばで...。

ただ、麻子は秘かに、なつのアニメーターとしての資質を見い出しており...。

しかしながら、作画の基礎を学んでないことが、なつの弱点であることも、見抜いていた。


やがて、アニメーターになるための登竜門である、社内の能力審査が訪れて...。

なつは、誰よりも多くの絵を仕上げることになったが...。

まだまだ稚拙な仕上がりに変わりはなく、失格となってしまった。


なつは自分自身の実力不足をいやというほど突き付けられてしまって...。

悶々と悩みに悩んだ上で、正月の北海道・十勝へ帰るのを諦めて、作画の勉強へ没頭することになった。



6月10日月曜日より放送の第11週では...。

サブタイトル「なつよ、アニメーターは君だ」として、名実ともに認められれば、まさに嬉しいもので...。


1957(昭和32)年の春が訪れて...。

東洋動画の記念すべきアニメーション第1作『白蛇姫』の仕上げ作業すべてが終わった。

なつは、全力を出し切ってすっかり安堵することになって...。


そんなある日のこと...。

唐突になつの元へ、照男(清原翔)と砂良(北乃きい)が、訪ねて来て...。

何と二人は結婚しての新婚旅行真っ只中で、初めての東京を楽しんでいるという。

久しぶりの再会あっての懐かしさいっぱいに、互いの胸の内を語り合っては、心温まるひとときを過ごしてゆく。


時の流れを気にしないまま、とうとう夜明けを迎えることになって...。

3人はそれぞれ新たなる希望と活力を漲らせて...。

心地良い笑顔のまま、次の再会を約束し合って、別れることになった。


いよいよなつが、仕上課から念願の動画課への異動の好機の訪れ...。

再び社内の能力審査に挑むことになって...。

もちろん、これまでの作画の訓練の積み重ねが功を奏して、なつは晴れて合格となった。 しかも、なつの絵は、どれもが高く評価されるものばかりだった。


ほどなく、東洋動画の新作アニメーションの制作が発表されて...。

かの新作『わんぱく牛若丸』の準備のために、またまたなつは多忙な日々へと突き進むことになった。


しかしながら、一方では、どうにか親戚に預かったものの、以後はいまだ行方知れずのままの妹・千遥の境遇が、どうしても気になってしまって...。

妹・なつを案じた兄・咲太郎(岡田将生)からの切々とした頼みを容れて、信哉(工藤阿須加)は、千遥を引き取った川谷幸一の住むとされる千葉県の船橋へ向かって...。・


夏の暑い盛りの8月15日...。

なつと咲太郎は、いよいよ船橋へ出向くことになって...。

そして、とうとう千遥らしい少女を見かけることに...。



かの少女が千遥かどうか、気になってしまうものの...。



まずは、奥原なつの勤務先となる東洋動画における仕事始めか....。


自分で絵を描くのは好きでも、2,3人以上と組んでの仕事ともなれば、事情が大きく違ってしまうもので...。



特に、貫地谷しほり演じる、敏腕アニメーター・通称マコこと大沢麻子の静かながらの圧倒的な存在感...。

同じNHK朝ドラ・ヒロインの広瀬すずとして、演じる奥原なつとして、克服すべき"壁"そのものなのかもしれないや。


ただ...。

性格の違いはあっても...。

同じ人間であるからには、同じ仕事をするからには、根底にあるものは、ほぼ同じであるかのような気が...。


人間ならではの「情」としては...。

2007(平成19)年10月1日月曜日から2008(平成20)年3月29日土曜日まで全151回放送の藤本有紀オリジナル脚本のNHK朝ドラ『ちりとてちん』が...。

高校卒業で福井県小浜市育ち高校卒業で一念発起しての大阪行きのからヒロイン・和田喜代美のヘタレぶりと落語家・徒然亭若狭としての一喜一憂ぶりが...。


仕事の進め方における「理」としては...。

2010(平成22)年1月3日日曜日から11月28日日曜日まで全48回放送、大友啓史チーフ演出・福田靖オリジナル脚本のNHK大河ドラマ『龍馬伝』...。

主人公の土佐藩下士として、のちの脱藩浪人として、坂本龍馬(福山雅治)の剣術修行先となる、江戸・桶町千葉道場主・千葉定吉(里見浩太朗)の娘で、「千葉の鬼小町」と畏怖される佐那...。

第4回から第17回までの龍馬との関わり合いは、もちろんのこと...。

最後の登場となった第29回冒頭...。

あの凛とした立姿、いまだに忘れられないまま...。



貫地谷しほりから広瀬すずへ...。

大沢麻子から奥原なつへ...。


静かに引き継がれることになってくれたら、嬉しいや。

タグキーワード
2019-05-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます