なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第8週 第9週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第8週 第9週


なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第8週 第9週

5月20日月曜日より放送の第8週では...。


サブタイトル「なつよ、東京には気をつけろ」...。

いよいよか...。


1956(昭和31)年4月のある日のこと...。

帯広の菓子屋・雪月では、なつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)の送別会に加えて、夕美子(福地桃子)の北海道大学合格祝いが、併せて開かれることになって...。

なつは、東京で漫画映画をつくる目標を宣言して...。

剛男(藤木直人)は、北海道へ来てくれてまで、健やかに育ってくれた、なつへの感謝をいっぱいに打ち明ける。


数日が過ぎて...。

雪月店主の雪之助(安田顕)は、雪次郎となつを連れて、雪次郎の菓子職人としての修業先である東京・新宿へ向かうことになって...。

まずは、川村屋へ立ち寄ることになったなつは、久々にカスミ(戸田恵子)と再会。 そのまま、「風車」という名のおでん屋へ連れられて...。

驚いたことに、女将は何とあの亜矢美(山口智子)だった。


なつが川村屋従業員用アパートに住みこむことになって、ほどなく...。

亜矢美からこれまでを聞かされた咲太郎(岡田将生)が、久々になつを訪ねて来た。

咲太郎は、なつを応援することを約束するや、その足で東洋映画の撮影所へ出向いて...。

直ちに社長の大杉満角野卓造と対面するや、妹の要望を伝えることになった。



5月27日月曜日より放送の第9週では...。


サブタイトル「なつよ、夢をあきらめるな」...。

早々より困難に晒されそうな予感が...。


6月のある日のこと...。

なつは東洋映画の採用試験に挑戦する。

特に、実技試験では、これまでの経験が幸いしてか、大きな手応えの爽快感のまま、面接試験も無事に終えることになった。

ところが...。

意外にも、結果は不合格。 なつは唖然とするばかり...。

見かねた咲太郎が、直ちに東洋映画へ駆けつけて、知人に確かめたところ、不合格の理由が何と自分自身にあることを突き付けられてしまって...。

茫然のまま咲太郎は、これまでを振り返ってみる。 悲しいかな、サンドイッチマンの仕事などで、亜矢美のためにムーランルージュを復活させようと必死だったのに、なぜといった釈然としない気持ちが、やや上回っており...。

なつには、咲太郎が自分自身の人生を生きているように思えなくて、どのように声をかけていいのか、解からないままで...。

それでも、日が過ぎるにつれて、なつは咲太郎の生き方を、咲太郎はなつの生き方を、互いに受けとめあっての歩み寄ってゆく。


およそ3ヶ月過ぎての9月となって...。

なつは、東洋映画の仕上げスタッフの採用試験に挑むことに...。

ほどなくして、なつの採用の報せが届いて...。

川村屋の従業員用アパート引き払ったなつは、咲太郎と亜矢美の暮らすおでん屋・風車に住みこんで、新しい生活を始めることになった。



いよいよ、なつの社会人としての第一歩となるのか...。


それだけに、つい想像してしまった。


これからのなつにとっての、一番の憩いと活力となるのは、おでん屋・風車からの、おでん? ということになるのかなあ。


ましてや、ものをつくる仕事ともなれば、生まれ育った国ともなれば...。


もしもあったら、嬉しいだろうなあ。


いにしえより大切にされ続けてきた「神話の国・出雲」ならではの味わい深さがあったら...。


鳥取県境港市浜ノ町の「風味絶佳. 山陰」名物として大切にされ続けてきた【無添加 自然食仕様 出雲国の贅沢おでん 5袋 5人前】があったら...。


おでん屋・風車ならば、丹精込めて、こしらえてくれそうな嬉しさで、満たされてしまいそう...。

タグキーワード
2019-04-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます