なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第5週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第5週




なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第5週

4月29日月曜日よりの放送では...。


サブタイトル「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」か...。

誰もそう呼びかけたい気持ちに、より深く案じるかのようになってしまうのかなあ。


はじまりは、ふとしたある日のこと...。

あの東京大空襲で辛うじてなつ(広瀬すず)を救ってくれた、幼なじみの佐々木信哉(工藤阿須加)が、柴田牧場を訪ねて来てから...。

なつは聞かされる。 すでに兄・咲太郎(岡田将生)が、孤児院から逃げ出したこと。 どうにか芝居小屋に住み込んでの仕事に必死になるも、無情にも芝居小屋が潰れてしまって、行方知れずになってしまったことを。

なつは少しずつ揺さぶられることになって...。


信哉が十勝を去ってから、数日ぐらい過ぎて...。

なつは、自身を優しく後押ししてくれた富士子(松嶋奈々子)と一緒に、東京の新宿へ向かった。


なつと富士子を温かく迎え入れることになって...。

信哉は二人をベーカリーカフェ「川村屋」のマダム・前島光子(比嘉愛未)を紹介する。

すでに二人の事情を慮った光子は、従業員用のアパートの空室を、あてがった。


それから何日か過ぎて...。

信哉は思わず咲太郎の姿を浅草で見かけて...。

すぐ知らされることになったなつは、急ぎ足で突き進んで、とうとう咲太郎との再会を果たすことになって...。

ところが...。

明くる日には、咲太郎が手紙を残して、またまた姿をくらましてしまった。

なつが悲しさいっぱいに途方に暮れる中で、ようやく知ったところ、何と咲太郎は多額の借金をしており、信じたはずの知人の持ち逃げで、苦しみの真っ只中とあって、なつには知られたくなかったらしいとか...。

なつは、これまでの咲太郎の経緯に心を痛めながらも、ようやく住み込みの仕事先である伝説の劇場「ムーランルージュ新宿座」へたどり着くことになって...。

そこでなつは、咲太郎から母のように慕っていた踊り子の一人である岸川亜矢美から、すべてを聞かされる。

突然の劇場廃業で大揺れに揺れる中で、咲太郎は知人からの共同経営の話を持ちかけられて、劇場立て直しのために多額の借金をした上で調達したものの...。

何と騙し取られてしまったと知った時には、すでに知人は姿をくらました後だったという。



悲しいかな、どうしても気になってしまう。


岡田将生演じる奥原咲太郎の不遇ぶりを...。



もしかしたら...。


2015(平成27)年10月10日土曜日から12月12日土曜日まで全10話放送、西尾維新原作・野木亜紀子脚本の日本テレビ土曜ドラマ『掟上今日子の備忘録』での、隠館厄介(かくしだてやくすけ)に近い人物設定だったりして???

なぜか知らないけど幼い頃からの不運続きで、まっとうに成長したくても、ほぼ常に災難に見舞われて疲労困狽寸前となって...。

堪りかねて、置手紙探偵事務所所長兼探偵・掟上今日子(新垣結衣)へ駆けつけて、助けを求めたがる姿に近かったりして???


いわゆるナイトドラマやネタドラマだったならば、"半分笑い話(?)"となるんだろうけど...。



やはり、平日午前中の学校登校前や会社出勤前のひとときを、いくらか癒やしてくれるはずの"NHK朝ドラ"ならは、つらくなってしまうのかなあ。


広瀬すず演じる奥原なつの可憐さとひたむきさならば...。

タグキーワード
2019-03-28 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます