まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第23週 第24週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第23週 第24週


まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第23週 第24週

3月4日月曜日放送の第23週では...。

いよいよ「新発売!?」となるのか...。


時は1970(昭和45)年となって...。


まんぷくラーメンは、順調に売れ続けて久しい一方で...。

萬平(長谷川博己)は、まんぷくラーメンを超える商品のないことに、危機感を募らせており...。

直ちに、まんぷくラーメンを超える斬新な新商品のアイデアを、社員たちへ命じた萬平は、自身でもアイデアを探し求める中で、福子(安藤サクラ)との何気ない会話を交わす中で、容器に入った即席ラーメンを閃いて...。


すぐさま萬平の命令とともに、茂(瀬戸康史)を筆頭とする社内の若手を集めた新商品開発チームが結成されて、入社して間もない長男・源も加わることになって...。

メンバーそれぞれによる容器の選定や、麺の揚げ方、といったあらゆる試みの中で、新商品は萬平によって"まんぷくヌードル"と名付けられる。

しかしながら、次第にチームの誰もが、萬平の研究者ならではの怒涛の勢いに付いて行けずに、雰囲気はますます悪くなってしまって...。


そんなある日の夜のこと...。

福子は忠告も兼ねて萬平に打ち明ける。 かつてダネイホンを開発した時には、没頭し過ぎたあまりに、周囲の人たちの気持ちに気づかなったことを。 今もまた同じことを繰り返そうとしているから、一旦歩みを緩めて、周囲の人たちの気持ちを知ってほしいことを。

福子からの言葉を深く受けとめた萬平は、深い反省と理解を経て、まんぷくヌードルの価値はじめとするありのままを開発メンバーに打ち明けて、ともに分かち合うことになって、心を一つにする。



3月11日月曜日より放送の第24週では...。

いよいよ完成に向けて大詰めとなるのか...。


サブタイトル「見守るしかない」という気持ちとともに...。


まんぷくヌードルの容器には、発泡スチロールを採用することが決まったものの...。

実際に発泡スチロールに湯を注いだところ、どうしても刺激臭が出てしまうのが、悩みの種となって...。

誰もが悶々とする中でのこと、ふとしたことから萬平は、アメリカ製の発泡スチロールに刺激臭の出ないことに気付くなり、直ちに調査を進めたところ、ようやく刺激臭をなくすヒントを見つけ出すことに...。

結果として、萬平の閃きは見事に的中して、湯を注いでも刺激臭の出ない発泡スチロール製のカップの開発に成功へすることとなった。


福子からの意見を容れることとなったまんぷくヌードルは、麺だけではなく具材も一緒に入れることも決まった。

怒涛の勢いとどまることのない萬平は、まんぷくヌードルに入れる具材にもこだわりを見せて、普通のラーメンに入っていない具材を探すよう、開発メンバーに指示することに...。

日毎に萬平への反発を強める一方で、源流はさまざまな具材を乾燥させる技術を、大学時代の論文集の中に見つけ出すことになった。



ふと思ってしまった。


ますます上り調子となってゆく、「まんぷく食品」の遠い将来を...。


もしかしたら、兵庫県神戸市西区に構える「広島屋」が近未来へ向けての理想としているのかなあ。


例えるならば、【日清食品 味噌も入ったカップヌードル ミニサイズ 4柄 15食セット(新柄味噌味4個 しょうゆ味4個 カレー味4個 シーフード味3個)】のような、手軽につくれて濃厚に味わい深い夢見心地のような...。


いずれにせよ、永久保存版であってほしいもの...。

タグキーワード
2019-02-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。