長谷川博己 大胆 繊細 NHK 朝ドラ まんぷく ヒロイン 夫 立花萬平 - 生きてゆく未来へ

自由形式

長谷川博己 大胆 繊細 NHK 朝ドラ まんぷく ヒロイン 夫 立花萬平










長谷川博己 大胆 繊細 NHK 朝ドラ まんぷく ヒロイン  立花萬平

とうとうここまで魅せることになるとは...。



振り返ってみれば...。


初の民放連続テレビドラマ初主演作品である2011(平成23)年4月25日金曜日からのテレビ東京そして映画『鈴木先生』での主人公の緋桜山中学教師・鈴木章が魅せる独特の問題解決能力は、もちろんのこと...。


昨年2017(平成29)年4月16日から6月18日まで毎週全10話放送の、福澤克雄監修・成瀬活雄脚本のTBS日曜劇場『小さな巨人』での主人公の元警視庁捜査第一課・香坂真一郎の闘志を秘めて静かに這い上がる姿も相まって...。



もうすでに10月1日月曜日より放送開始となった福田靖オリジナル脚本のNHK朝ドラ『まんぷく』で演じることになった、ヒロイン・福子(安藤サクラ)の夫・立花萬平ならではのヒトクセもフタクセもある特異性を際立たせることになって...。


何よりも、あのインスタントラーメンなどを開発した日清食品の創業者・安藤百福氏が、モデルなだけに...。

あの戦前戦後においての、時代の荒波に翻弄させられることでの数々の苦労と辛酸をなめての波瀾万丈の生きざま、否応なしに気になってしまうものだけに...。



NHK朝ドラ初出演か...。

聞くところによれば、20代より何度もNHK朝ドラオーディションを何度も受け続けては落選の繰り返しの果てに、欲を捨てたら見事に受かったというから、面白いもので...。



長谷川博己。

1977(昭和52)年3月7日生まれの東京都出身。


中央大学文学部卒業で、大学在学中はマガジンハウスでアルバイトをしていたという。

2001(平成13)年、文学座附属演劇研究所・第41期生として入所して磨きをかけ続けて...。

2002(平成14)年、TPT『BENT』にて初舞台を踏むことになって...。

2004(平成16)年4月、研修科を終了し準座員として入座の一方で、文学座支持会新人賞(座内賞)を受賞するまでに...。

2006(平成18)年4月、準座員から座員に昇格。 同年12月22日付で退座。



ますます目が離せないや。

大学卒業とともに、文学座を足掛かりに舞台で磨きをかけ続けただけに、演技派であり実力派の俳優の起用は、本当に嬉しいものだから...。

タグキーワード
2018-12-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます