まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第13週 第14週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第13週 第14週


まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第13週 第14週

この年最後となる、12月24日月曜日より放送の第13週では...。

サブタイトル「生きてさえいれば」ならではの"背水の陣"そのもので...。


萬平(長谷川博己)の興した会社は、呆気なくなくなってしまって...。

辛うじて再就職先を用意された社員たちは、それぞれの道へ進んでゆくことになって...。

福子(安藤サクラ)と鈴(松坂慶子)と源は、香田家へ身を寄せることになった。

しかしながら、無情にも...。

萬平の会社から税金を徴収できなかった財務局が、萬平の個人資産に狙いをつけて、差し押さえに乗り込んで...。


すぐさま知ることになって事態を重く見た太一(菅田将暉)は、国への訴訟を萬平に提案する。

萬平は、東京地方裁判所へ訴状を提出することに...。

ある日のこと、善後策を考えあぐねる太一は、重大な事実に気づかされる。

萬平が脱税で捕まったのは、社員へ支給した奨学金を社員への給与とみなされて、社員から所得税を天引きしていなかったことによるものであることを。 しかも、大蔵省からは、奨学金が非課税であるという通達が出されていることを。 すなわち萬平の脱税は、まったく根拠のないものであることを。


奮起した太一と勝夫(桐谷健太)は、直ちに知り合いの新聞記者へ知らせるや、財務局の不公正さを世間へ大々的に広めてゆく。

瞬く間に財務局への抗議活動が方々で発生して高まってゆく一方で...。

進駐軍は訴状を取り下げてくれれば、釈放すると、萬平へ持ちかける。

萬平は姑息な取引に憤った。

それでも福子は、日々を無益な争いで過ごしてしまうことを案じて、萬平を説得する。

萬平は訴状を取り下げて、釈放となった。



年明けとなる2019(平成31)年1月4日金曜日よりの第14週の放送では...。

サブタイトル「理事長!?」となれば、いよいよ...。


先の一件で世間から英雄とみなされて高まってゆく、肝心の萬平としては、手元に残った2万円で、次に興す事業のあり方を考え込む真っ只中にあって...。

それでも、取材の依頼が相次いで殺到する中だけに、かろうじて福子が、"嬉しい悲鳴"(?)を精一杯喰い止めるしかなく...。


そんなある日のこと...。

大阪の池田で染物会社を経営する大鳥勘一が、萬平を訪ねて来て...。

これからの池田の発展のためにも、信用組合の設立の準備を進めているから、ぜひ理事長に就いてほしいという。

金融に関する知識のほとんどない萬平は、ただ戸惑うばかりだった。

それでも、真一(大谷亮平)からの強い励ましに背中を押されることになった萬平は、金融に関する知識あふれる真一の採用も条件として受け入れさせることで、信用組合の理事長を引き受けることになった。



何よりも第14週...。

明けて正月の本放送と重なるかのように...。

幸先の良い展開となるのかなあ。


特に、物語の癒やしそのものでもあるタカ(岸井ゆきの)が秀才で、すでに大阪大学に合格したことも考えれば...。

もしかしたら、将来の萬平の仕事にまつわる要所要所での助太刀ぶりを、垣間見ることになったりして...。



岸井ゆきの,,,。

ついつい思い出してしまう。


あの2017(平成29)年11月上旬より公開の初主演映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』で演じた、春野吉子のありのままの姿のように...。

映画初主演で第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞か...。


好きな男性の傍にいる時...。

家族と一緒にいる時...。

それぞれの顔と喜怒哀楽...。


本人の素顔と重なり合うかのような夢見心地にさせられてしまいそうかなあ。

タグキーワード
2018-12-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます