まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第11週 第12週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第11週 第12週




まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第11週 第12週

12月10日月曜日より放送の第11週では...。

サブタイトル「まんぺい印のダネイホン!」、ということは、もしや???


ようやく晴れて釈放となった萬平(長谷川博己)と社員たちだったが...。

この度の一連の騒動を理由として、専売局からは塩の取り引きの停止を言い渡されてしまった。

皆と同じく落ち込んでしまった福子(安藤サクラ)だったが、すぐに思い直すなり、栄養食品のだけ取り扱うことを、萬平へ提案する。

真一(大谷亮平)は賛成した。

しかしながら、萬平だけはどうしても煮え切れないままで...。

それでも、見かねた福子からの切なる想いをぶつけられた甲斐あって、萬平はようやく栄養食品だけに商品の売り込みを絞る決意を固めてゆく。


福子から背を押されるかのように、萬平は商品の販売の全国への展開を目指すにあたって、勝夫(桐谷健太)へ相談する。

味に改良を加えた上で、病院ばかりでなく、一般の店舗でも販売できるように働きかけるのが適切、との勝夫からの助言を容れることになって...。

実験の繰り返しによる試行錯誤を経て、萬平は一般客にも受け入れられる味の濃い商品を完成させる。


それから1947(昭和22)年12月のこと...。

萬平と勝夫は商品の全国への展開に向けての第一歩として、東京へ向かって...。

ほどなく萬平は東京での子会社を起ち上げることになって、真一と茂(瀬戸康史)が赴任することになり、二人の創意工夫の甲斐あって、販売も順調に...。

萬平の開発した栄養食品は、日を追うにつれて、より話題になっていったものの...。


一方では、同じくらいに偽物も出回ってしまって...。

直ちにその出所である会社へ、勝夫と真一が抗議へ出向くこともあって...。

無情にも再び混沌の深まる中でのこと...。

何と萬平が脱税疑惑で再び進駐軍に捕まってしまって...。

ほどなく軍事裁判にかけられた上で、萬平は再び刑務所へ入れられてしまった。



12月17日月曜日より放送の第12週では...。


サブタイトル「絶対何とかなるから!」...。

まさにそうあってほしいもの...。


萬平が刑務所に入れられてしまったとしても、会社では、これまでと変わらず営業が続いてゆく。

しかしながら、罰金となる7万円もの大金をどのように調達すべきか、再三悩まされることになって...。

刑務所の金網越しに福子と面会することになった萬平は、直ちに東京の子会社を売却して資金をつくり、脱税の問題に精通する弁護士を探し出してほしいと頼み込むことに...。


方々をあたってみてしばらく、福子は東京帝大法科を首席で卒業した頭脳明晰な若手弁護士・東太一(菅田将暉)を、見つけ出すことになって...。

直ちに対応してくれた太一からの提案とは、東京の子会社を売却して、罰金を支払うことだった。

萬平は東京の子会社を売却した金を、罰金となる7万円の支払いに充てたものの...。


すぐさまに突然の追徴課税の10万円の支払いを強いられてしまって...。

萬平は太一に相談するも、逆に会社そのものの売却をも提案されて...。

さすがに受け入れ難い萬平ではあったが、たとえ会社が失われてしまったとしても、自身で開発した栄養食品の技術さえ残れば、必ず人の役に立つはず、といった太一からの切々たる訴えを慮って、受け入れることになった。


一方の福子は、経営から退いたことの反動が大きかったからなのか、入院中の亮蔵(橋爪功)を見舞うことになって...。

亮蔵は自身の死期の迫りつつあるのを悟ってか、最後の仕事として、萬平の会社の売却先の候補を丹念に挙げてゆく。


それから数日を経て...。

財務局の職員数人が、萬平の会社へ押し掛けて来て。

待ち構えていた太一は、会社はすでに売却されて解散となった旨を、打ち明ける。



ますます気になってしまう。

萬平のこれからの行く末はもちろんのこととして...。



何よりも、かの若手弁護士・東太一の少しずつ醸し出すかのような存在感が、より気になってしまいそうで...。

以後も何度か予想されるであろう萬平が突き落とされる窮地とどん底を、目の当たりにすることになってしまったとしても、忘れかけた頃に限って、ふと手を差し伸べて救い上げてくれるような気がして...。


ましてや、菅田将暉が演じるともなれば...。

あの2017(平成29)年4月29日土曜日より公開の古屋兎丸原作・いずみ吉紘脚本・永井聡監督の映画『帝一の國』主人公の海帝高校生徒会長候補・赤場帝一の姿、忘れられなかっただけに...。

悲しい生い立ちあってのことか、どんなことについても負けたがらない極度の負けず嫌いがつくり上げた野心家ぶり、忘れられなかっただけに...。


ただ...。


かの赤場帝一と、この度の東太一...。

いわゆる"野心家"ならではの度合いの違いはあったとしても...。

心身ともに上り詰めてゆく姿、より目の離せなくなる予感が...。

タグキーワード
2018-11-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます