まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第6週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第6週







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

元祖播磨屋 塩味饅頭
価格:2160円(税込、送料別) (2018/10/13時点)

楽天で購入








まんぷく NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第6週

11月5日月曜日よりの放送にて...。

サブタイトル「お塩を作るんですか!?」となれば、いよいよ動き始めるのか...。


それは、1946(昭和21)年5月のことからで...。


香田家を後にした福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)と鈴(松坂慶子)そして茂(瀬戸康史)は、大阪市の南の泉大津という海沿いの町へ引っ越すことになって...。

新たに住み込むことになった家は、戦時中まで軍の施設だったこととあって、傍の倉庫には大量の鉄板が残されたままになっており...。

咄嗟に何か思いついた萬平は、直ちに鉄板を使って商売できないか、いろいろと考え始める。


一方の福子は、近所に女学校時代の親友・ハナ(呉城久美)の住んでいると知るなり、咄嗟に喜び勇んで出向くや、互いの再会を喜び合うことになって...。

喜びいっぱいのハナは、福子たちを近くのラーメン屋・清香軒へ招いて、皆でラーメンを味わってみた。

しかしながら、あまりの味の薄さに、誰もが何とも言いようのない気持ちにさせられてしまって...。


一番の原因は、塩の不足のために配給が滞りがちになっていることだった。

何かを思い立った萬平は、鉄板を使って塩づくりのできないかと、考えをめぐらせながらも、茂を連れて塩の産地として名高い赤穂へ向かった。

二人はたどり着くなり、江戸時代より伝わる塩づくりの技術を学ぶことになって...。

しばしの時の流れて、ともに泉大津へ舞い戻ると、茂が方々へ出向いて人手をかき集める一方で、萬平たちは資金集めに精を出す傍ら、本格的な塩づくりへ取り組むことになった。


誰もが活き活きとする中で、何よりも萬平の光り輝く姿に、福子は身も心も満たされてゆく。



赤穂の塩といえば、懐かしいや...。


はじまりは1615(元和元)年から...。

播磨一国の太守である池田輝政の5男・政綱が、兄である忠継の死により岡山藩を相続した忠雄より、母・良正院の遺領分のうち3万5000石を分知されたことで、赤穂藩が立藩となって。

以後の小藩ならではの悲哀と波乱の一方で、当初からの塩田開発を奨励しての整備を着実に続けて、塩を赤穂の特産品として藩財政を支えてゆくまでに...。


あの萬平のことだけに、赤穂と大阪との橋渡しのための方々への奔走の一方で、ありとあらゆる知恵を張りめぐらせての、着実な積み重ねと発展と飛躍へ導いてゆく予感のしてしまうのは、自分一人だけかなあ。



あれから長きにわたる歳月は流れて...。



現在の兵庫県赤穂市中広の「船曳商店」からは、最新技法となるプロトン凍結機を使用して、坂越産の新鮮生牡蠣を獲れたその日に瞬間冷凍した【坂越かき 冷凍むき身 500g×4 500g×2 (加熱用) (1パックおおよそ20粒入り 3〜4名様分)】が...。


一時の気休めとしては、尾崎の「元祖 播磨屋」からの【元祖播磨屋 塩味饅頭 (白)×15 (抹茶入り)×10】が...。


現在そして近未来を見据えるならば、低塩・糖質40%オフ・脂肪0のヨーグルトで毎日の健康を支えるにふさわしい、「加里屋」より取り寄せた「オハヨーあさひ宅配サービス」からの【トリプルアタックドリンクヨーグルト 100g×24本 100g×12本】が...。



塩・糖・脂の食事が多い現代人だけに、心を込めてじっくりと味わいたいもの...。

タグキーワード
2018-10-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます