半分、青い。 NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第1週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

半分、青い。 NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第1週










半分、青い。 NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第1週

4月2日月曜日からの放送より...。

サブタイトル「生まれたい!」といった叫びのような展開が...。


それは、1971(昭和46)年7月の夏の暑い盛りのことで...。

岐阜県東美濃市のある田舎町、ふくろう商店街で大衆食堂「楡野食堂」を営む楡野家は、宇太郎(滝藤賢一)と妻・晴(松雪泰子)と父・仙吉(中村雅俊)と母・廉子(風吹ジュン)の4人家族で、日々のてんやわんやながらも和気藹々としており...。

そんなある日のこと、晴の陣痛がはじまって...。

苦痛で顔を歪める愛妻を目の当たりにして、宇太郎はただうろたえるばかり。

一方の仙吉と廉子は初めての孫の誕生を待ちわびるばかりで、様子を見に行きたがる仙吉を廉子が制して...。

それら内と外でのてんやわんやの状況に構うことなく、晴のお腹の赤ちゃんはひたすら暴れ回るばかりで、ついに晴は岡田医院の分娩室へ運ばれることになった。

直ちに処置を施した女医・貴美香(余貴美子)だったが、へその緒が二重巻きになっていることから、お腹の子どもは外に出づらいとの診断の結果を伝えて...。

ほぼ同じ頃の待合室の椅子には、ふくろう商店街での老舗写真館「萩尾写真館」を営む萩尾弥一(谷原章介)の妻・和子(わこ)[原田知世]が待っており、晴がようやく産気づいたのにつられてか、陣痛が始まって...。

岡田医院内すべてがてんやわんや動き回る中で、晴と和子の二人の妊婦は、ほぼ同じ時刻に元気な赤ちゃんを産むことになった。

この二人の赤ちゃんとって、運命の出逢いであることは、まだ誰も知らないまま...。


かの出産から数日が過ぎて...。

晴は難産だったために結果として分娩台を独り占めとなってしまったお詫びの印として、手づくりのおむつ持って、和子を訪ねた。

喜びいっぱいの和子は、産まれた男の子に律と名づけた旨を打ち明ける。

晴は田舎の町らしからぬ都会的な響きをもった名に負けまいと、自身で産んだ女の子の名を真剣に考え始める。


それから、およそ9年の歳月が流れた1980(昭和55)年...。

晴から名づけられた鈴愛(すずめ)[矢崎由紗]は、すくすくと成長して、小学3年生に...。

しかも、勉強が苦手で授業には身に入らない、物思いにふけってはノートに絵を描いてばかりとなっており...。

対する律(高村佳偉人)は、頭も良く学業成績も抜群とあって、物事を冷静に判断できる男の子に成長していた。

互いにほぼ真逆な人となりながらも、二人とも一緒に遊ぶ仲のいい幼なじみで...。

折しも、すでに亡くなっている祖母・廉子のいない寂しさいっぱいの祖父・仙吉を見かねて、廉子と話をさせたい一心から、川を跨ぐ長い距離の糸電話をつくることでの実験を思いついたもものの、思いもなけない川の幅広さに言葉を失ってしまった。

ほぼ同じくして、宇太郎と晴も仙吉の元気を取り戻したくて、いろいろと試みたところ、空回りばかりとなってしまって...。

幸いにも、律をはじめとする同級生たちの手伝いあって、川をまたいだ長距離の糸電話は完成して、向こう岸の鈴愛は律との通話にも成功することになった。

しかし、糸電話での律との会話に興奮した勢いのまま、鈴愛は強く糸を引っ張ってしまって、律を川へ引っ張り落としてしまった。

驚いた鈴愛は、咄嗟に川へ飛び込んで、律を背負って助け出す。 そう、律はかねてより喘息を患っていた。

ようやく萩尾家にたどり着いた二人だったが、出迎えた母・和子は律を心配するどころか厳しく叱る一方だった。

ほぼ同じくして、仙吉は自転車で転んでしまった。

心配して駆けつけた晴が助けて岡田医院へ連れて行ったものの、貴美香は仙吉の怪我よりも塞ぎ込みがちな心を気にかけており...。


明くる朝、和子が楡野家へ乗り込んで来た。



この物語における人間模様...。

振り返ってみるならば、あの第二次世界大戦後の昭和時代の高度経済成長期ならではの上り調子あっての希望の高まりとともに満たされる心地良さが、根強く残っているんだろうなあ。

「ふくろう商店街」ならではの人情あふれた街並みか...。


鈴愛の好きな祖父・仙吉を案じる気持ちの高まりが、そのそものはじまりなのかもしれないや。


その要の一つである、"糸電話"か...。

あの新潟市中央区和合町の「刷屋(すりや)」 からの【糸電話 TEE! 2枚セット! ペアTシャツ】に、そのまま反映するかのような想いに、つながるのかもしれないや。


何よりも、忘れてはならない仙吉の大好物とされる、"五平餅"...。

そう、岐阜市薮田南に本社が、各務原市川島笠田町に川島店が、すなわち「岐阜県名産販売」からの【ふるや五平餅(100本詰・50本詰・20本詰・12本詰)】が...。


とにかく、それぞれの想いとともに、しっかりと噛みしめて、しっかりと見届けるまで...。

だからこそ、登場人物の誰もが笑えること、願いたいなあ。

タグキーワード
2018-03-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます