わろてんか NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第17週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

わろてんか NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第17週




わろてんか NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第17週

1月22日月曜日からの放送では...。


サブタイトル「ずっと、わろてんか」...。

だけあって、失礼ながら、いかにも最終回を思わせるかのような展開に?


あれは、北村笑店そして風鳥亭の運営をめぐっての風太(濱田岳)との対立がいまだに続く中でのこと...。

当主としての重責を背負って走り続けてきた藤吉(松坂桃李)も、ついに脳卒中で入院してしまい、一時的な窮地に陥ってしまって...。

それでも、てん(葵わかな)からの懸命な献身が幸いして、晴れて仕事に復帰するなり、藤吉は東京へ向かって演芸界のありのままに触れて、大いなる刺激を得ることになって、大阪へ舞い戻ることに...。

この時の風太はすでにトキ(徳永えり)と結婚して、夫婦になっても変わらぬ丁々発止とともに、仕事ぶりも上々だった。

藤吉からは、100年後にも多くの人たちを笑わせられる漫才をつくれとの風太への檄に加えて、日本にはない新たなる笑いを求めてのアメリカ行きの夢の打ち明けで、誰もが意気揚々の中でのこと...。

トキの妊娠が明らかになって...。

風太は大感激となるや、生まれてくる我が子の名付け親になってほしいと藤吉に頭を下げた。


誰もが喜びに満たされる中でのこと、東京の新聞記者として名を馳せることのなった楓(岡本玲)が、久しぶりに風鳥亭を訪ねて来て...。

夫婦漫才が大売れに売れての吉蔵(藤井隆)に新聞への寄稿を頼み込むことに...。

てんとも何のわだかまりもなく、ゆったりとした心地良いひとときへ...。


この頃のてんは、子育ても一段落しており、藤吉からは興行主の仕事のあり方を直接教わることになって、これまでの経理の仕事を踏まえた上で、女性ならではの新たなる寄席の運営を形にしようと、創意工夫と試行錯誤の繰り返しへ...。

楓に後押しされた吉蔵も、新聞に載せることになった小噺が連載を始めて早々より、評判も急上昇。 文筆業への思わぬ才能を実感するや、作家としても注目されることになった。

吉蔵の小噺にひらめきを感じた風太は、ごく普通の人たちの普段の生活の中から、漫才のネタを見つけることを思いつくと、キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)に銭湯の中からの会話から見つけ出すように指示した。



以上のように、仕事も私生活も幸せに満たされる展開が多くなりそうなものの...。

北村藤吉のモデルとされる、吉本興行部(のちの吉本興業)設立者・吉本泰三は、すでに1923(大正12)年9月1日の関東大震災を乗り越えたものの、翌年1924(大正13)年2月13日に、急性心筋梗塞(または脳溢血とも)によって、37歳で永眠...。

それだけに、言いようのない不安が募るばかりで...。



改めて目を通すことになりそう。


2017(平成29)年10月2日月曜日より発売の『吉本興業を創った人々』(堀江誠二/PHP研究所)には...。

モデルとされる、"北村商店"こと"吉本興業"を、北村てん"こと"吉本せい"、"弟・林正之助"こと"武井風太(?)"、それぞれの歩みを軸に描いて、志を継いだ人たちや芸人たちの知られざる歩みに光を当てたノンフィクションが...。


2003(平成15)年11月より発売の『寄席楽屋事典』(花月亭九里丸/東方出版)には...。

旧き良き伝統を受け継いでの、大阪の寄席の面白い符牒や隠語や行事や習慣などをまとめた事典で、配列は見出し語の五十音順、見出し語のよみ、漢字表記、解説文からなる面白さも...。



これまで積み重ねてきた、「笑い」の「本質」かつ「神髄」そして「醍醐味」なるものが、多くの人たちにあらゆる幸をもたらすこと、祈るばかりに...。

タグキーワード
2018-01-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます