わろてんか NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第16週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

わろてんか NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第16週


わろてんか NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第16週

1月15日月曜日よりの放送にて...。


あれから紆余曲折あっての歳月は流れて...。


いよいよ「笑いの新時代」ならではの輝きが...。

とはいうものの、新たなる時代ならではの波乱があるかのようで...。


すでに時は1929(昭和4)年...。


悲しいかな、いにしえからの伝統を大切に積み重ね続けた落語が、少しずつ行き詰まっており...。


というのも、当時としては斬新で画期的な流行となったラジオの売上が急上昇。 すぐさまに乗じることになった漫才という新たなる芸能の人気も、うなぎのぼりになって...。

いにしえからの伝統を絶やしたくない、しかし背に腹は代えられないとの葛藤の果てに、落語家もラジオ出演を決意して乗り出そうとする。


しかし、漫才の時代の到来と伸長を常に意識する風太(濱田岳)は、難色を示すなり、漫才を第一に前面に出した売り込みを、北村笑店へ強く訴える。

あの"伝統派"大看板落語家・喜楽亭文鳥(笹野高史)の前座時代の噺『時うどん』の披露と喝采の喜び以来、古典落語の奥深さを強く実感するてん(葵わかな)には、どうしても釈然としないままだった。



いよいよ、あの暗雲と激動と急転直下の昭和時代のはじまりへ...。


当時としてのラジオは、あらゆる意味で暗示させる象徴らしき一つとあって、斬新かつ画期的だったんだろうなあ。

必死でかいくぐるかのように生き抜く要の一つとして、"的確な情報"を獲得するためにも...。


以後のラジオは、時代の急激な変化による荒波と波瀾万丈に晒されながらも、進化とともに精度を高めることになって...。


その甲斐あってか、現在に至っては、乾電池の必要もなく環境にも優しく経済的、すなわちハンドルを回すだけで点灯する自家発電ライトの付属した携帯電話充電機能で、電池の切れた緊急用としても使えるし...。

docomo・au・softbank・スマートフォンに対応可能なものの、一部機種には対応せず。

FM/AMラジオが聴けるので、緊急時も逃すこともなないし、サイレン・白色灯機能付き。

以上が備わっての、茨城県つくば市東新井の「コナン販売」からの【EVERBright SuperMini 多機能自家発電ラジオ・ライト・携帯充電 SXMFLM-56I-WH】が、一番ふさわしいかなあ。



時代の急激な変化による荒波とあらゆる波瀾万丈に晒されながらも、一番ふさわしい"的確な情報"を基に、しっかりと生き抜ける人たちが、より多く増えることを祈って...。

タグキーワード
2017-12-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます