ひよっこ NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第14週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

ひよっこ NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第14週












ひよっこ NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第14週

7月3日月曜日からの放送にて...。

いかなる境遇であれ、サブタイトル「俺は笑って生きてっとう!」と言ってのける、祝田宗男(峯田和伸)の人となりが...。


それは、あの1966(昭和41)年の熱い夏のこと...。

そう、6月29日水曜日に来日、6月30日木曜日および7月1日金曜日・2日土曜日の東京・九段下の日本武道館での日本公演敢行予定のビートルズの4人の見上げるとともに、同じ東京の空の下で過ごしたいという一心で...。

あのビートルズ・フリークの宗男が、愛用のバイクにまたがって、奥茨城から疾走、東京へたどり着いた。

早速、あまりの唐突さに驚くみね子(有村架純)に構うことなく、あかね荘の大家の富(白石加代子)に挨拶するなり、ビートルズが離日する予定の7月3日日曜日まで間借りさせてほしいと、頼み込む。

当初こそ、富の独特の存在感に圧倒された宗男だったものの、人生は一度きりと言わんばかりの切々が幸いしてか、富は宗男の間借りを認めることとなった。

念願かなって、喜びいっぱいの宗男だったが...。

みね子をはじめとするすずふり亭やあかね荘の面々に黙っていることが、一つだけ...。

妻・滋子(山崎静代)には内緒で、奥茨城を逃げるようにして出て行ったことだった。


そんなある日のこと...。

和菓子屋の柏木堂が、ビートルズ日本公演の警備にあたる人たちの赤飯弁当づくりの準備を請け負うことになった。

注文すること約600人分。

しかしながら、3日3晩の寝食を惜しんで取り組んだとしても、一郎(三宅裕司)とヤスハル(古舘佑太郎)の親子二人だけでこなせる分量ではなく、ほどなく悲鳴を上げることになって限界、やむなくすずふり亭と福翠楼の協力を仰ぐこととなって...。

一方、間借りできたものの、やることの全然ない退屈さが後押ししたからか、宗男もふと何気に耳にすると、直ちに赤飯弁当づくりの手伝いへ向かうともに、あかね荘の住人たちをも巻き込んでは引き寄せて、全力で取り組むことになった。


やがて赤坂商店街も加勢することで、機運はますます高まって、総出で赤飯弁当づくりに取り組むことになったものの...。

省吾(佐々木蔵之介)だけは、宗男のバイクに掲げられている旧敵国のイギリス国旗を目にしてからか、腑に落ちない気持ちに苛まれてしまって...。

仕事が一段落して、省吾は宗男に直接尋ねてみた。 そして、かつて戦争で体験してきたことの数々と、ビートルズをこよなく愛するようになったことと、笑って生きて行こうと心に決めたことの、それぞれのいきさつを聞かされるとともに、同じ元軍人ながらも、互いの受け止め方の違いを理解してゆく。


こうして、あらゆる人たちの想いの高まりのあふれる中、柏木堂での赤飯弁当づくりは、期日に終了することとなった。


いよいよ、晴れてビートルズ日本公演当日の朝を迎えることになって...。

宗男も気分爽快だったが...。

何と妻・滋子が、みね子から宗男宛の手紙に記された住所を手掛かりに、突然宗男の前に現われた。

宗男は慌てふためくばかり、一瞬の隙を突いて逃げ出そうとするが...。

意外にも滋子は動じることなく、宗男にある物を手渡しする。


そして、いよいよ、あの熱狂へ....。

それぞれが、それぞれの想いをもって、過ごすことになって...。


熱狂が終わって...。

まさに"祭りのあと"の虚しさそのもののまま、日は流れることになってしまうものの...。


何と、その虚しい日々を打ち破るかのように、みね子の待ち焦がれていた、かの乙女寮の同窓会が企画されることになって...。

すずふり亭が少しずつ盛り返すかのように、日は流れることになって、いよいよ当日へ...。


貸し切りとなったすずふり亭にて、みね子はじめ誰もが待ち焦がれる中、時子(佐久間由衣)と澄子(松本穂香)と豊子(藤野涼子)と幸子(小島藤子)と優子(八木優希)が、相次いで訪ねることになって、再会と懐かしさを喜び合うことになって...。

その日は大いに賑わうことになった。

しかも、その喜ばしさは積み重なってゆくものなのか、何と子役時代からの人気女優・川本世津子(菅野美穂)までもが、訪ねることになって...。



あの南海キャンディーズのボケ役・"しずちゃん"こと山崎静代か...。

低くボソっとつぶやくシュールリアリズムで自意識過剰なボケ、上下関係を無視したぶっきら棒なしゃべり、予測不可能なアクションが特徴。

相方となるツッコミ役は、"山ちゃん"こと山里亮太。 山ちゃんを嫌っていることをネタにすることの多さあって、常にしずちゃんの暴走を止める役であるものの、基本的にはツッコミには回らず、たとえツッコミを入れたとしても、逆に返されることも多いとか...。



この度演じる小祝滋子...。

かなり魅せてくれて、より高まってゆく予感が...。



つい思い出してしまった。

あの忘れもしない、2008(平成20)年6月19日木曜日から7月24日木曜日まで全6回放送のNHK木曜ドラマ8『乙女のパンチ』を...。

そう、あの時演じた早乙女ひかるのように...。

幼少時代の悲しい経緯ゆえの両親との離別以来、何の希望も持たないまま、高校卒業後は職を転々とすることの繰り返し。 自分の将来に漠然とした不安を感じ途方に暮れる中、偶然見かけたプロボサーに一目惚れ。 すぐさま彼の所属するボクシングジムに通い始めてからの青春模様、なかなかのもので...。

やがて、ジャイアント乙女というリングネームを背に、プロボクサーデビューとなって...。


あの2007(平成19)年のボクササイズの流行とともに、軽い気持ちが昂じて、かのドラマでの熱演、以降のタレント活動と並行しながらの本格的なアマチュア女子ボクシング選手としての活躍へ...。

まさに「気は優しくて力持ち」(失礼???)といった人となりをじっくりと見届けると、ある意味『ひよっこ』での滋子に近いのかもしれないや。



そして、忘れてはならない、ビートルズ日本公演に備えての赤飯弁当づくり...。

現在ならば創業50年の岐阜県大垣市久瀬川町の「増井商店」からの「れんげの里で選ばれ続ける米屋さん」としての名高さに、存分にあやかるのが心地良いだろうなあ。

約15分程度で本格的な赤飯の炊けるし...。


【炊飯器に入れてスイッチポン! 化粧箱入 お赤飯 2箱(約6杯分X4セット)】の量の多く存分に堪能できるの は、もちろんのこと...。


特に、全国の神様が集まって1年のことを話し合う旧暦10月の「神在月」として賑わう、島根県出雲市の出雲大社から...。

国産もち米100%と丹波大納言小豆の使用は、まさにありがたき幸せであって...。

【出雲の国から お赤飯 お茶碗約4杯分】は、御祝いや贈りものとして、中でもお中元やお歳暮にふさわしく...。

【出雲の国から お赤飯 お茶碗約12杯分】は、友人や家族の誕生日や御祝いにふさわしく...。

もちろん、【出雲の国から お赤飯 お茶碗約20杯分/約8杯分】も存分に堪能できて、ありがたいや。



じっくりと噛み締めておこうっと。

今後の行く末をじっくりと見届けながらも...。

タグキーワード
2017-06-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます