あさが来た NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第11週 - 生きてゆく未来へ

自由形式

あさが来た NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第11週




あさが来た NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第11週

12月7日月曜日からの放送で、いよいよ...。

「九転び十起き」か...。

あらゆる意味での波乱が展開へ...。


あさ(波瑠)が出産予定日を目前に控えたある日のこと...。

何とあさの目の前で、正吉(近藤正臣)が突然心臓発作で倒れることに...。

正吉は以前より人目を忍ぶかのように発作の繰り返し。 症状の少しずつの悪化する中にあっても、新次郎(玉木宏)と榮三郎(桐山照史)には隠し通していたという。

白岡家はもちろん、あさも正吉の身を案じた。 しかし、これからの白岡家のためとあって出産に専念することになって...。


あさは女児を出産した。

家族に祝福されながら誕生した白岡家の初孫は、千代と命名。

あさは出産後しばらくの間、仕事を離れて子育てへ専念することになった。


1877(明治10)年、あさが仕事に復帰して間もない頃...。

北九州の加野炭鉱にて落盤事故が発生。

幸い死者は出なかった。

しかし、納屋頭・サトシ(長塚圭史)は、炭鉱夫の仕事を競い合わせたことによって招いた人災であると、あさを責め立てる一方だった。


ほどなく、正吉に頭を下げられた雁助(山内圭哉)は、加野炭鉱の経営立て直しのため、急ぎ北九州へ出発した。

かの事故にはサトシが絡んでいると察した雁助は、到着早々よりサトシを詰問。

ほぼ同じく新次郎も、炭鉱で出会ったサトシのことを、少しずつ思い出してゆく。



いよいよ待ちに待った、あさの赤ちゃん出産へ...。


"千代"との命名...。

白岡家はもちろん今岡家にも千年近くの代々受け継がれるようにとの願いあってのことかなあ。


いつの世であれ赤ちゃんの誕生は、めでたきこと。

これからをより良く生きてゆける証として、しっかりと見届けたい気持ちは、誰でも同じはず。


後年の日本タオル産業発祥の地として栄える大阪府泉州地区の泉州タオルを下地として、お風呂上がりはもちろんプールや水遊びの後にふさわしいベビーバスローブ付の【天使の背まもり ベビーバスポンチョ おむつケーキセット】。

赤ちゃんの喜びそうなポップカラーはもちろん、おもちゃも付属、旬の御祝いも兼ねられる【ポップスター2段 おむつケーキ】。


どちらを使うにせよ、言えることはただ一つ。

遠い将来にわたって、赤ちゃんの喜ぶ顔がたくさん見られること、祈りたいなあ。

タグキーワード
2015-10-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます