吉川美代子 本 アナウンサーが教える 愛される話し方 - 生きてゆく未来へ

自由形式

吉川美代子 本 アナウンサーが教える 愛される話し方



吉川美代子 本 アナウンサーが教える 愛される話し方

「アナウンサーを名乗るなら、教養や技術を身につけて、自覚を持ちましょうと誰かが厳しく言わなきゃいけない。」

1977(昭和52)年にTBSに入局以来、37年間アナウンサー一筋で活躍し続けて、来年2014(平成26)に定年となる、吉川美代子氏のお考え。

遠い将来への戒めか...。

これは、男性であれ女性であれ、喝を入れられそうだ。


というのも、かねてから聞くところでは、12月13日金曜日発売の吉川美代子執筆『アナウンサーが教える 愛される話し方』(朝日新書)の中身が凄まじいとのこと。


中身は、アナウンサーの声の出し方、プレゼン、司会、スピーチのノウハウなどで、以下の項目に分類。

第1章 アナウンサー歴37年でわかった「話し方」の大切さ

第2章 声は人格を表す

第3章 愛されない日本語

第4章 話し方で幸せになれる

と続いて、自分の声に対するコンプレックスも解消したい、自分を変えたい、という思いの強い方には、必読の書として仕上がっていて...。


圧巻は、最終章の「第5章 アナウンサーの未来」。

今の女子アナブームをケチョンケチョンにこきおろし。


氏曰く、今のアナウンサーには4つの亜種があり、「男性アナウンサー」「女性アナウンサー」「ベテランアナウンサー」そして「女子アナ」とのこと。
氏自身、いわゆる"女子アナ"ではなく、"女性アナウンサー"としてプライドと自覚を持って仕事をしてきただけに、特に「女子アナ」のあらゆる言動が我慢ならず一番許せないようで。


始まりは、良くも悪くもバブル経済の恩恵にあふれた1980年代後半から。
中でも、「楽しくなければテレビじゃない」のスローガンを曲解したフジテレビが、一番突出していたかのよう。

若い女性アナウンサーを「女子アナ」ともてはやしての勢いを駆って、バラエティー番組への出演からタガが外れたんだろうな。
技量より個性が良くも悪くも重視されて、週刊誌やスポーツ紙の記者やカメラマンにとっては、まさに飯の種となって...。

放送局の社員よりも、タレント事務所に所属している「女子アナ」が多くなりつつあるからか、ニュースを読む機会は多くないのが実情。


確かに、タレントが情報番組のMCを務める時代の流れが強まり、局アナとの線引きが曖昧になっているゆえに、タレントのような出で立ちには親しみを抱けても、漢字の読み間違えの売り込みには、面白さよりもはた迷惑がはるかに上回ってしまっている。

ましてや、ボーイフレンドとのデートでの妖しげなふるまいを写真に撮られるとなれば、なおさらのこと。


そして、あの2011(平成23)年3月11日金曜日の「3.11」こと東日本大震災以降、

いざというときは放送局のアナウンサーとしてきちんと情報発信していかなきゃいけないという意識が、少しずつ芽生えてきたと捉えて、これを絶好の機会として、出版を決意したのかもしれない。


アナウンサーから女優へ転身した、野際陽子や八木亜希子は、どのような考えをもってことにあたったのか、ふと気になってしまった。


放送業界に限らず、あらゆる業界においても、

自分がしたいこと、仲間と共にしたいこと、刹那や気紛れでなく、より良い将来に向けてを前提に、自身の口で発することの積み重ねが肝心要ということなんだろうなあ。

タグキーワード
2013-12-11 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログサーフィンしていたら、たどり着きました。素敵なブログですね、読ませていただきありがとうございます。
Posted by こんにちは at 2013.12.13 11:18
こんにちは!
ブラグ作成いたしましたので 遊びに来ました
よろしくお願いいたします
Posted by 101kasegu at 2013.12.14 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます