尾野真千子 森山未來 夫婦善哉 NHK 土曜ドラマ - 生きてゆく未来へ

自由形式

尾野真千子 森山未來 夫婦善哉 NHK 土曜ドラマ






尾野真千子 森山未來 夫婦善哉 NHK 土曜ドラマ

素晴らしいドラマとキャスティングになりそうだ。

8月24日土曜日21時より、全4回にわたっての放送か。


大阪が生んだ文豪"オダサク"こと織田作之助[1913(大正2)年〜1947(昭和22)年]の生誕100年を記念。
代表作となった名作『夫婦善哉』を、今から6年前に発見された続編の内容も含めての、新解釈によるドラマ化。

森山未來演じるは、老舗化粧品問屋・維康(これやす)商店の道楽ぼんち・柳吉(りゅうきち)。

尾野真千子演じるは、北新地の人気芸妓・蝶子。

ともに卓越した演技者だから、魅入ってしまうなあ、これは。


脚本は、2007(平成19)年10月から2008(平成20)年3月まで放送のNHK朝ドラ『ちりとてちん』と、2012(平成24)年放送のNHK大河ドラマ『平清盛』を手掛けた、藤本有紀。

ただ、脚本は違えども、大阪における独特の人情描写を根底とする作風と、蝶子のおてんばぶりと気性の激しさから想像するとしたら、

やはり、あの尾野真千子の代表作となった、2011(平成23)年10月から2012(平成24)年3月まで放送のNHK朝ドラ『カーネ−ション』を思い出しそうだなあ。
もちろん良い意味で。



肝心の放送は、


まず、8月24日土曜日放送の第1回。

借金取りの押し掛ける日々を過ごす貧しい一銭麩天羅屋の種吉(火野正平)とお辰(根岸季衣)の娘・蝶子は、貧乏を嫌って両親の反対を押し切り、曽根崎新地のお茶屋に女中奉公へ。

時は流れて、同僚の金八(佐藤江梨子)とともにつらい下積みを乗り越え、生来のおてんば娘ゆえに陽気な蝶子のお座敷は評判を呼び、北新地の人気芸妓へ成長させることに。

一方、柳吉は、日頃の放蕩ぶりゆえ番頭(平田満)に軽蔑されて、兄想いの妹・藤子(田畑智子)にあきれられて、頑固な父・半兵衛(岸部一徳)から勘当を言い渡されて、家を出ることになってしまった。

やむを得ず、父の怒りのとけるまでの雲隠れを考えた柳吉は、かねてからの放蕩の最中に惚れられた蝶子を誘い出して、駆け落ちへ。

ところが、1923(大正12)年9月1日、

二人の向かった温泉宿にて、関東大震災が発生。

逃げるようにして大阪へ帰るものの、この時の二人には、帰る場所も生活の当てもなかった。

それでも、蝶子は幸せだった。

「わてはこの男を一人前の男にしてみせる!」と息巻くくらいに。


8月31日土曜日放送の第2回。

関東煮屋をはじめた柳吉と蝶子は、ささやかな暮らしながらも幸せな日々。

柳吉は、ふとした風の便りから、妹婿の桐介(大東駿介)の代となって維康問屋が営まれることを知り、家族からの断絶を実感。

やがて、お辰と柳吉が相次いで倒れることとなり、蝶子に重荷が...。


とにかく本放送が待ち遠しいなあ。

タグキーワード
夫婦善哉 NHK 土曜ドラマ あらすじ ネタバレカテゴリの最新記事
2013-07-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます