生きてゆく未来へ

自由形式

-  |  次の3件 »

スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第12週 第13週

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版「猫侍」 [ 北村一輝 ]
価格:4683円(税込、送料無料) (2019/12/12時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版「猫侍」【Blu-ray】 [ 北村一輝 ]
価格:5414円(税込、送料無料) (2019/12/12時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版「猫侍 南の島へ行く」 [ 高山善廣 ]
価格:4072円(税込、送料無料) (2019/12/12時点)












スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第12週 第13週

12月16日月曜日より放送の第12週では...。

いよいよ「幸せの大きな一歩」となるのかなあ。


それは、喜美子(戸田恵梨香)との結婚の条件を満たすべくして、八郎(松下洸平)が陶芸展に出品する作品づくりに取り組んだ矢先のこと...。


何と、明けて1960(昭和35)年1月正月休み早々より、迂闊にも受注してしまった大野雑貨店店主・大野忠信(マギー)からの大量のコーヒーカップも、手掛ける破目になって...。

八郎の申し訳なさと行き詰まりを、誰よりも強く感じ取った喜美子(戸田恵梨香)は、自分からコーヒーカップを仕上げると申し出るや、すぐに取り掛かることに...。

喜美子は、陶芸の醍醐味と八郎との結婚生活の夢を、いっぱいにしての心躍らせる日々となって...。


喜美子がやっと完成したコーヒーカップを、忠信の喫茶店・SUNNYへ納めることになれば...。

八郎も陶芸展に出展する作品を、やっと完成させて...。

意外や二人を陰ながら見守っていた常治(北村一輝)は、八郎の受賞を信じる一方で、喜美子と八郎の結婚のために、新たに家を増築しており...。


陶芸展の当日を迎えて...。

入賞者発表とともに、照子(大島優子)が真っ先に駆けつけて知らせてくれて...。

そう、八郎の入賞の報せが、信楽中に知れ渡って、方々からの祝福の声に溢れることに...。


こうして喜美子と八郎の結婚の運びとなって、川原家では写真撮影へ...。

ふと常治が何気に八郎へ意外な胸の内を語って聞かせる中でのこと...。

大阪からある人物が、SUNNYを訪ねて来て...。

急ぎ駆け込んだ忠信の妻・陽子(財前直見)からの報せで、喜美子が駆けつけたところ...。

何と、喜美子のコーヒーカップをたいそう気に入ったとのことだった。

喜美子は、まだ陶芸の技術に自信を持てない中とあって、ただためらうばかりに...。



12月23日月曜日より放送の第13週にて...。


まさに、サブタイトル「愛いっぱいの器」ならではの幸せなひとときが...。


あれから4年の歳月が流れての1964(昭和39年)...。

1937(昭和12)年生まれの喜美子は、すでに八郎との間に生まれた4歳の長男・武志とのほのぼのとした日々の中で...。

八郎は喜美子からの精一杯の愛情に支えられながら、陶芸展に出品する作品をつくり続ける日々にあって...。

特に喜美子は、収入のごく僅かの八郎に代わって、食器などをつくっては、暮らしを後押しする日々もあって、忙しかった。


そんなある日のこと...。

何と常治が身体を壊して倒れてしまって...。

咄嗟のことで驚き半ば茫然の喜美子だったが、すぐに持ち直すや、皿づくりに取り組むことになって..。

家族も喜美子を手伝って、精一杯に支えることに...。



気になってしまう...。


北村一輝演じる川原常治が...。


戸田恵梨演じる喜美子にとっても...。

松下洸平演じる八郎にとっても...。

今や二人の一番の心の拠り所となっただけに...。



となれば、もしかしたら、かの代表作である、2013(平成25)年10月より東名阪ネット6および5いっしょ3ちゃんねる加盟局など放送のテレビドラマ時代劇を皮切りとして...。

かの勢いのまま、2014(平成26)年3月より劇場版映画『猫侍』として、さらに2015(平成27)年9月より劇場版映画『猫侍 南の島へ行く』として、長く続くことになっての孤軍奮闘物語に...。


そう、あの「まだら鬼」と異名を馳せた凄腕剣客で元・加賀藩剣術指南役・無双一刀流免許皆伝・斑目久太郎そのものの人となりだったりして???


かねてより長く仕えるも、やむを得ない事情あっての貧しさ深まる奉公先を追われてしまって...。

意を決しての再起をかけて、単身で江戸にたどり着いたものの...。

剣術以外に何の取り柄のないがために、軸足の定まらないまま、浪人として困窮した日々の暮らしを余儀なくされてしまって...。

悲しいかな、その場しのぎで信条を曲げて妥協してしまうことも、しばしばで...。


それでも、甘い羊羹が大好物で、信条のあるだけでも、常治よりはまだましかもしれない???


あの2014(平成26)年2月より発売の『猫侍公式フォトブック 斑目久太郎 featuring 玉之丞』(大町信也/AMG出版)で、じっくりと魅入ってしまうそうかなあ。


もちろん、あの東京都台東区松が谷の浅草かっぱ橋で創業97年「招き猫の専門店 オルネコイデ」からの【万福唐招き猫 中サイズ 左手】や【万福唐招き猫 右】とともに...。


たとえこの先、不意にいかなる事態に見舞われてしまったとしても...。


いわゆる長い人生の節目節目において、幸先の良さだけは、ずっと意識していたいな。

タグキーワード
2019-11-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第10週 第11週

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もう一度君に、プロポーズ DVD-BOX [ 竹野内豊 ]
価格:15675円(税込、送料無料) (2019/11/26時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大恋愛〜僕を忘れる君と DVD BOX [ 戸田恵梨香 ]
価格:16179円(税込、送料無料) (2019/11/26時点)









スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第10週 第11週

12月2日月曜日から放送の第10週にて...。


サブタイトル「好きという気持ち」...。

となれば、いろいろとあるもので...。


ましてや、一人前の絵付師となった喜美子(戸田恵梨香)のこととなれば...。


そう、陶芸家としての独立を夢見て日々働く八郎(松下洸平)が、何かと気になってしまっただけに...。


ふと八郎の作業を見学するようになってからの成り行きで、喜美子は朝早くから.夜遅くまで、商品開発室での閉ざされた二人きりの作業となってしまって...。

何気ない会話に釣られて、陶芸との初めての出逢いと夢中になったいきさつを、互いに語り合う中で...。

八郎は、無意識のうちに喜美子へ芽生えた好意に、少しずつ戸惑うようになって...。

釣られるかのように、喜美子も同じような衝動に、戸惑うようになってしまって...。

次第に些細なことから、擦れ違いを繰り返すようになってしまうばかりに...。


ほぼ同じくして、信楽では...。

信楽町役場勤めの信作(林遣都)が、周辺の若者たちを対象にした「お見合い大作戦」というイベントを企画して、方々への呼びかけの一方で、喜美子にも声をかける。

信作からの勧めに、喜美子も八郎も乗り気でなかったものの...。

家に帰ったら「お帰りなさい」と迎えてくれる人がいると嬉しい、ただそれだけだとする八郎の結婚観に、喜美子は心動かされる。

喜美子はかつて大阪へ働きに出る直前に、信楽の山中で拾った古い信楽焼のかけらを見せるからと、家へ招きたいと打ち明ける。


その日の朝を迎えるや...。

八郎が川原家を訪ねて来て...。

川原家の皆は、物腰の柔らかい八郎を喜んで迎え入れる。

ただ、奇しくも「お見合い大作戦」の日とあって、八郎が参加すると知った喜美子は、複雑な胸中になってしまって...。

八郎は、初めて信楽焼の美しいかけらと輝く光に魅入っての満足のまま、川原家を後にする。

しかし、喜美子の八郎への恋心を直に感じた母・マツ(富田靖子)は、直ちに八郎の後を追うように優しく後押しして...。

喜美子は、思い切って家を飛び出した。


急ぎ駆け足で八郎に追いついた喜美子は、自分の想いを思い切って打ち明けると...。

八郎も同じ想いを打ち明けることになって...。



続いての12月9日月曜日からの放送の第11週では...。

サブタイトルは「夢は一緒に」なだけに、明るさいっぱいの成り行きに...。


と思いきや...。


迂闊にも、常治(北村一輝)が何気に通りかかって...。

そう、何も知らないまま互いの恋心昂った八郎と喜美子が抱き合っている姿を、目の当たりにしてしまって...。

常治は驚きで身動きとれないままになってしまったも、一気に激昂するや、八郎を殴り飛ばしてしまった。

強引に家へ連れ帰ろうとする常治に面と向かって、喜美子は八郎と結婚したいと強く訴える。

それでも常治は、ただひたすら反対するばかりだった。

事態を重く見た信作の計らいで、喜美子と八郎は二人きりで話し合うことになって....。

八郎は常治に何度も頭を下げても、許しを得る覚悟を固めてゆく。


喜美子の真剣なまなざしに突き動かされて、ようやく常治は八郎と会うことをの受け入れたものの...。

いまだに結婚だけは認めようとしないままであって....。

八郎は、何度も常治の元へ足を運んだものの、ある時は居留守を使われたり、ある時は玄関先での追い返されたりの繰り返しとなって...。

それでも、八郎の情熱が次第に勝るようになって、常治からようやく受け入れられるようになってゆく。


八郎は、苦学しての大学の卒業を打ち明けるも...。

ただ、常治としては、陶芸家としての独立を目指す八郎の先行きに、不安を抱いており...。

八郎は、安定した仕事を望む常治の想いを深く噛み締めながら、陶芸展で賞を獲ることを宣言する。

常治は、八郎の陶芸展で賞の獲得を、喜美子との結婚の条件とすることになった。


八郎は陶芸展での賞の獲得を目指して陶器を作り始めいてほどなくも...。

何と迂闊にも、大量のコーヒーカップを受注してしまった。



戸田恵梨香と松下洸平...。


二人の静かなる熱演が静かに強く心を揺さぶることになるんだろうなあ。


つい脳裏に浮かんでしまった。



松下洸平が演じる十代田八郎の若さと真剣さとなれば...。

あの2012(平成24年)年4月20日金曜日から6月22日金曜日まで全10話放送のTBS金曜ドラマ『もう一度君に、プロポーズ』が...。

あのミズシマオート新人整備士・進藤松二の若さあっての先輩に生意気な態度の一方で、仕事のできる主人公の熟練整備士・宮本波留(竹野内豊)への憧れっぷりと心酔ぶりが...。


戸田恵梨香が演じる川原喜美子の熱さと真剣さともなれば...。

やはり、あの忘れられない2018(平成30)年10月12日金曜日から12月14日金曜日まで全10話放送のTBS金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』が、いまだに心に強く残っていて...。

かのKITAレディースクリニック産婦人科医・北澤尚の本来のかわいらしさはもちろんのこと、仕事ぶりにおける真剣さも...。

そして、あの儚げななりゆきには、ただただ涙...。


ともに忘れられないままで...。



『スカーレット』では、どのような成り行きとなるんだろうか...。


やはり、これまでの二人が二人だけに、思い通りに突き進んでほしいと掻き立てられてしまうのは、自分一人だけなのかなあ。

タグキーワード
2019-11-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡本玲 かわいい 画像 2020年 カレンダー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岡本玲(2020年1月始まりカレンダー)
価格:3080円(税込、送料無料) (2019/11/26時点)



岡本玲 かわいい 画像 2020年 カレンダー

すでに10月12日土曜日より順次の発売となっていたのか...。


【2020年 (1月始まりカレンダー)】として...。


時折目にするNHK昼の情報番組や民放グルメ番組などでのような...。


かねてからの純真無垢さと天真爛漫さと活発さいっぱいにあふれているのは、もちろんのこと...。


女優としてならではの大人の顔と容姿も、相まって満たされることになるんだろうなあ。



たっぷり癒やされたい人たち、まだまだいるはずだろうなあ。



もちろん、女優ならではの深みも...。


振り返ってみること...。


あの前年2018(平成30)年12月14日金曜日放送の東海テレビ制作スペシャルドラマ『大誘拐2018』だったり...。


この年2019年すなわち平成29年1月26日土曜日より放送のNHK土曜ドラマ『みかづき』だったり...。


2020(令和2)年が明ければ...。


1月17日金曜日から1月20日月曜日までの下北沢・小劇場楽園開催、岡本玲・中山求一郎・二人芝居『ダニーと紺碧の海』だったり...。


唐突に失礼ながら、突出した脚光をの浴びることがなかったとしても...。

タグキーワード
2019-11-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます