生きてゆく未来へ

自由形式

-  |  次の3件 »

スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第20週 第21週

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】有馬温泉宿泊優待券(2枚)
価格:200000円(税込、送料無料) (2020/2/12時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶ六甲山 有馬温泉 (るるぶ情報版)
価格:935円(税込、送料無料) (2020/2/12時点)
























スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第20週 第21週

2月17日月曜日より放送の第20週にて...。


サブタイトル「もういちど家族に」...。

ということは、もしや...。


それは、ある日のこと...。

高級肉を貰った喜美子(戸田恵梨香)が、川原家での食事会を開こうとして、嬉しさいっぱいにてんやわんやの中で...。

まずは、喜美子から声をかけられた照子(大島優子)が来て...。

続くかのように、照子から声をかけられた信作(林遣都)が来て...。

そして何と、信作から声をかけられた八郎(松下洸平)までも来ることになって...。


ほぼ同じくして、窯業試験場に通う武志(伊藤健太郎)は、大学時代の恩師だった掛井から、「次世代展」へ応募して腕試しをしてはと、勧められており...。


食事会から数日が過ぎて...。

武志に会う約束を果たそうと、名古屋から八郎が再び川原家を訪ねたものの...。

あいにく武志は帰っておらず、喜美子との気まずいひとときばかりが、そのまま流れてしまって...。

そろそろ川原家を後にせねばと、やむなく腰を上げた八郎の前に、咄嗟に武志が喜びいっぱいに駆け込んで来て...。

怯んだ八郎は、逃げ出そうとするも、武志は身体を張って止めて、切々と訴えることになって...。

武志の精一杯の想いに揺さぶられて、受け入れることになった八郎は、川原家に泊まることになった。


久々の家族のようなひとときと、武志から八郎への無邪気な話しかけっぷりを目の当たりにすることになって...。

喜美子は昔と同じように普通でいようと、八郎に打ち明ける。



2月24日月曜日より放送の第21週では...。

サブタイトル「スペシャル・サニーデイ」って....。


何と信作が福引を当てたことから、なじみの人たちの間で大賑わいになって...。

景品は有馬温泉の旅行券ということで、これまでの感謝の気持ちとして、信作から直に渡された父・忠信(マギー)と母・陽子(財前直見)は、喜びいっぱいのまま、そのまま有馬温泉へ発っていった。


二人のいないカフェ・サニーでは、かねてより気兼ねなしに手伝っている百合子(福田麻由子)が、明るさいっぱいに切り盛りしていて...。

信作も懸命に手伝うものの、忠信と同じようなマスターの働きぶりのしっくりしないままだったために、百合子は優しく笑うばかりに...。


やっとのところで、どうにか切り回せるようになったところ、敏春(本田大輔)が入って...。

いきなり席に座るや、妻・照子の愚痴を二人にこぼして...。

ところが、照子が現われるや、咄嗟に表情を一変させた敏春は、少々うろたえながらも機嫌を取るばかりになってしまって...。


そこへ、百合子の中学時代の同級生だった近藤彬が現われる。



これからの成り行きは、もちろんのこととして...。


忠信と陽子の夫婦の旅先である有馬温泉か...。


いにしえよりのなつかしさと温かみあふれる旅先の一つとして...。

摂津国、すなわち現在の兵庫県神戸市北区有馬町の日本三古温泉の一つとして...。


例えどれだけ時代の転換があったとしても...。

長きにわたるあらゆる積み重ねあっての人生を、まっとうする人たちの安らぎであってほしいもので...。



かの有馬温泉旅館協同組合加盟の宿泊施設が対象となる【ふるさと納税 有馬温泉宿泊優待券 (2枚)】を心の拠り所とするのは、もちろんのこととして...。


2018(平成30)年3月6日火曜日より発売の『るるぶ六甲山 有馬温泉』(るるぶ情報版/JTBパブリッシング)を手に...。


大正時代(1912 - 1926年)創業の「竹中肉店」名物【赤身 最高級 神戸牛 A5等級 800g (4〜5人前) 産地直送 霜降り 極上】や【赤身 最高級 神戸牛 A5等級 400g (2〜3人前) 産地直送 霜降り 極上】の御馳走...。


大阪府大阪市旭区新森の「BAYU STORE」名物【湯の里本舗 有馬温泉 銘菓 炭酸せんべい 2缶セット 96枚入り】や【湯の里本舗 有馬温泉 銘菓 炭酸せんべい 1缶 48枚入り】の甘味...。


東大阪市高井田の「酒商 好川酒店」名物【有馬サイダー てっぽう水 340ml 24本入り】の心地良き喉ごし...。


「井上商店」名物【国産 黒豆茶 1kg ティーバッグ 兵庫県 丹波産 (10g×100袋)】の清涼かつ爽快な夢見心地...。



これらの幸が永遠でありますように...。

タグキーワード
2020-02-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第19週

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DVD】アイコ十六歳富田靖子 [ASHB-1336]
価格:2750円(税込、送料無料) (2020/2/3時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さびしんぼう [ 富田靖子 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/2/3時点)



スカーレッド NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第19週

2月10日月曜日からの放送では...。


サブタイトル「春は出会いの季節」といい...。

どれだけ歳月が流れようとも、まさに春となれば、あらゆる出会いがあるもので...。


それは1979(昭和54)年4月のこと...。

晴れて合格となった京都の美術大学への進学の決まった武志(伊藤健太郎)は、母・喜美子(戸田恵梨香)と祖母・マツ(富田靖子)ほか川原家からの温かみに背を押されて、信楽を離れることになって...。

武志のいない静けさと寂しさに覆われながらも、心穏やかな日々が続いての、およそ半年過ぎ...。

生涯を全うしたマツは安らかに息を引き取った。


1983(昭和58)年2月となって...。

八郎(松下洸平)から喜美子への電話からほどなく、照子(大島優子)に連れられて八郎が川原家を訪ねて、マツの位牌への哀悼の想いいっぱいに手を合わせて...。

およそ10年ぶりの再会とあって、喜美子はためらいながらも、武志の養育費の仕送りを続けた八郎へ、深い感謝の想いを口にする。

すでに春となった4月には、晴れて京都の美術大学を卒業した武志が、川原家へ帰って来た。


喜美子と心置きなく話せて、武志が再び下宿生活となっての1年間の修業先は、信楽窯業研究所。 武志の大学時代の恩師である掛井武蔵丸が、春から勤めているとか...。


そこには、照子の長男・辰也も修業することになっており...。

特に辰也は、丸熊窯業の後継ぎとしての周囲からの声ならではの精神的重圧に潰されるかのように、高校中退しては、荒んだ日々の繰り返しだったらしく...。

そんな中でも、武志との気兼ねすることのない関わり合いだけが、ただ一つの安らぎだったらしく、嬉しさとともに満たされたまま、陶芸への興味と意欲が深まっていったとか...。


ある日のこと...。

ふと小池アンリ(烏丸せつ子)という女優が、かわはら工房を訪ねて来て...。

かねてから喜美子の作品へ惚れ込んでいたらしく、ゆきずりの勢いのまま穴窯での最初の作品を売ってほしいと願い出る。

しかし、喜美子は当然であるかのように応じない。 800万円という値段を突き付けられても、屈辱でしかないとして、ますます頑なになるばかりで...。

結局のところ、アンリは喜美子の強情ぶりに、とうとう屈してしまったものの...。

互いに言いたいことを言い合えてすっきりしたからなのか、喜美子とアンリはまるで親友であるかのような関わり合いになってゆく。



考えさせられてしまう...。


1979(昭和54)年4月から1983(昭和58)年4月過ぎまでの歳月とは一体...。

端から見れば、ただ素通りするかのようだけど...。


かなり濃厚に凝縮されているんだろうなあ。

ただでさえ、目に見えぬ波乱が渦巻いているだけに...。



それだけに、否応なしに掻き立てられてしまうもの....。


ある時は天使のように包みこんでくれた一方で、ある時は堕天使のように振り回して下へ突き落してしまったことはあったものの...。

心から喜美子をはじめ家族すべてを愛した川原マツこと富田靖子からの想いとは...。


まずは何と言っても、あの記念すべき初出演・初主演映画となった、1983(昭和58)年12月17日土曜日より公開の堀田あけみ原作・今関あきよし監督脚本・大林宣彦製作総指揮の日本ヘラルド映画『アイコ十六歳』が...。

ヒロイン・三田アイコの初々しさと純真無垢さと天真爛漫さと実直さと不器用さいっぱいで...。


そして、あの1985(昭和60)年4月13日土曜日より公開の山中恒原作・大林宣彦監督脚本の東宝映画『さびしんぼう』が...。

ある時には、橘百合子の清楚さと奥ゆかしさにあふれていたかと思えば...。

ある時には、さびしんぼうの天真爛漫さと八方破れいっぱいのまま縦横無尽に駆け回ったりして...。


二人の正反対ぶりが何かと突出してばかりながらの、ついつい惹かれてしまう魅力...。


それぞれの人生経験をもっての、喜美子はじめ川原家の守り神として、永遠に温かく見守ってほしいなあ。

タグキーワード
2020-02-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第17週 第18週



スカーレット NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第17週 第18週

1月27日月曜日より放送の第17週では...。


サブタイトル「涙のち晴れ」となってほしい想いの高まり...。

多くの視聴者からの願いどおりの展開そのものなんだろうなあ。


あの幼い頃に惹かれてしまった古い信楽焼の陶片と同じような緋色を出そうと、喜美子(戸田恵梨香)は幼い頃からなじみの風呂炊きの経験を活かしての試行錯誤の繰り返しの日々真っ只中にあって...。

しかしながら、穴窯での焼き物は相変わらずの失敗だった。 それでも、決してめげることなく、またまた取り組もうとする喜美子を、八郎(松下洸平)が必死で止める。陶芸展に出品する作品づくりを、優先させるべきではないかと。

諦めきれない喜美子は、八郎を必死で説得するも、相変わらず平行線のままで...。

のめり込む喜美子を見かねては、照子(大島優子)が非難を浴びせるまでにもなって...。

心配をより募らせることになった百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)は、喜美子に話しかける。 気分転換に息子・武志(中須翔真)と大阪の観光をしてみては、と...。


武志との心行くままの大阪の観光の合間をぬって...。

喜美子はちや子(水野美紀)の夫人雑誌社へ出向いて、久しぶりの再会となっての喜びいっぱいに...。

互いの近況を心行くまま話し合う中で、あの懐かしい荒木荘仲間の雄太郎(木本武宏)とのぶ子(三林京子)とも、嬉しいことに声が聴けることにもなって、重なる久しぶりの再会の喜びいっぱいとなって...。



2月3日月曜日より放送の第18週では...。

サブタイトル「炎を信じて」って...。


生来の芸術家肌の人間ならではの強い想い入れそのものは、解かっていたとしても...。

やはり限度があるものだと、否応なしに突き付けられてしまいそう...。


八郎からの度々の反対意見を撥ねつけるかのように、しかも費用がますますかさむばかりながら、喜美子は3回目の窯焚きに取り組んだものの...。

結局のところ失敗だった。

とうとう八郎は呆れてしまって、家を出て行ってしまった。

それでも喜美子は変わらなかった。借金を重ねてしまった穴窯での窯焚きだったが、6回目も失敗してしまって....。


先行を案じたマツ(富田靖子)が、東京の草間宗一郎(佐藤隆太)へ手紙で報せたことで...。

直ちに宗一郎が川原家を訪ねるや、喜美子との再会となったものの...。

懐かしさと嬉しさいっぱいのままの喜美子の決意は、ますます強まるばかりで、2週間もかける7回目の窯焚きへ挑むことになって...。

結局のところ、八郎からの反対を振り切ることになってしまったものの、とうとう喜美子は理想の緋色の色合いを出すことに成功する。


喜美子が愛媛に移り住んだ八郎へ、離婚届を送ったほろ苦いいきさつを経て...。


およそ7年過ぎた1978(昭和53)年のこと...。

すでに喜美子は陶芸家としての名を高く馳せた一方で...。


高校2年生となった武志(伊藤健太郎)は、進路の悩み真っ只中にあって...。

何よりも、母・喜美子の仕事ぶりの背中の焼き付いている武志としては、陶芸家を目指したかったが、いまだに何ができるかの自信のないままにあって...。

特に、喜美子の最大の望みが、大学進学なだけに...。

長く悩みに悩み抜いた武志は、大学進学の決意を固めるや、受験勉強へ取り組むことになって...。

数ヶ月後には、合格発表を迎えることになった。



かの喜美子の決して変わることのない怒涛の勢いといい...。


やはり最大の原動力となる精神的支柱となるは、パリ国立高等美術学校卒業の世界的芸術家・ジョージ富士川であることに、良くも悪くも変わりはないんだろうなあ。


演じる西川貴教ともなれば...。

やはり、ついつい思い出してしまう。


あの2014(平成26)年7月9日水曜日に上演した、名古屋・名鉄ホール「劇場スジナシin名古屋 第一夜」を...。

そう、のちの2015(平成27)年3月25日水曜日より発売となったDVD『劇場スジナシin名古屋 第一夜 T.M.Revolution 西川貴教 完全保存版』を...。

あの3日連続で開催された劇場公演化の模様が...。


かの設定は「アトリエ」で...。

かの進行役・笑福亭鶴瓶がキャンバスに向き合っては、想いをめぐらせて線を描いているところ...。

突然静けさをぶち破るかのように、貴教が乱入するや、「何してんねん!!」と怒鳴りつけるも...。

すかさず「自分ばっかり作品出して!!! 俺にも作品出させてくれ!!!」と、鶴瓶が怒鳴り返して...。

互いの売り言葉に買い言葉が沸騰するばかりの果てに、何と...。

「役割がある。 お前はモデルでやって行くと決めたんや。 2人の共同作品や」と貴教が答えるも...。

「ずーっと俺、モデルやんか!!! 俺を裸にして!!!」と泣き叫ぶ鶴瓶は泣き叫ぶばかりになって...。

そんな鶴瓶をやさしく抱きしめる貴教とは裏腹に、何と鶴瓶はパンツ1枚にされてしまって...。



師匠・弟子との関係って...。

やはり長きにわたる二人きりならではの関わり合いともなれば、時と場合によっては、それぞれの立場の逆転って、案外多いのかなあ。


何度も考えさせられてしまう。

タグキーワード
2020-01-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。