生きてゆく未来へ

自由形式

-  |  次の3件 »

なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第8週 第9週


なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第8週 第9週

5月20日月曜日より放送の第8週では...。


サブタイトル「なつよ、東京には気をつけろ」...。

いよいよか...。


1956(昭和31)年4月のある日のこと...。

帯広の菓子屋・雪月では、なつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)の送別会に加えて、夕美子(福地桃子)の北海道大学合格祝いが、併せて開かれることになって...。

なつは、東京で漫画映画をつくる目標を宣言して...。

剛男(藤木直人)は、北海道へ来てくれてまで、健やかに育ってくれた、なつへの感謝をいっぱいに打ち明ける。


数日が過ぎて...。

雪月店主の雪之助(安田顕)は、雪次郎となつを連れて、雪次郎の菓子職人としての修業先である東京・新宿へ向かうことになって...。

まずは、川村屋へ立ち寄ることになったなつは、久々にカスミ(戸田恵子)と再会。 そのまま、「風車」という名のおでん屋へ連れられて...。

驚いたことに、女将は何とあの亜矢美(山口智子)だった。


なつが川村屋従業員用アパートに住みこむことになって、ほどなく...。

亜矢美からこれまでを聞かされた咲太郎(岡田将生)が、久々になつを訪ねて来た。

咲太郎は、なつを応援することを約束するや、その足で東洋映画の撮影所へ出向いて...。

直ちに社長の大杉満角野卓造と対面するや、妹の要望を伝えることになった。



5月27日月曜日より放送の第9週では...。


サブタイトル「なつよ、夢をあきらめるな」...。

早々より困難に晒されそうな予感が...。


6月のある日のこと...。

なつは東洋映画の採用試験に挑戦する。

特に、実技試験では、これまでの経験が幸いしてか、大きな手応えの爽快感のまま、面接試験も無事に終えることになった。

ところが...。

意外にも、結果は不合格。 なつは唖然とするばかり...。

見かねた咲太郎が、直ちに東洋映画へ駆けつけて、知人に確かめたところ、不合格の理由が何と自分自身にあることを突き付けられてしまって...。

茫然のまま咲太郎は、これまでを振り返ってみる。 悲しいかな、サンドイッチマンの仕事などで、亜矢美のためにムーランルージュを復活させようと必死だったのに、なぜといった釈然としない気持ちが、やや上回っており...。

なつには、咲太郎が自分自身の人生を生きているように思えなくて、どのように声をかけていいのか、解からないままで...。

それでも、日が過ぎるにつれて、なつは咲太郎の生き方を、咲太郎はなつの生き方を、互いに受けとめあっての歩み寄ってゆく。


およそ3ヶ月過ぎての9月となって...。

なつは、東洋映画の仕上げスタッフの採用試験に挑むことに...。

ほどなくして、なつの採用の報せが届いて...。

川村屋の従業員用アパート引き払ったなつは、咲太郎と亜矢美の暮らすおでん屋・風車に住みこんで、新しい生活を始めることになった。



いよいよ、なつの社会人としての第一歩となるのか...。


それだけに、つい想像してしまった。


これからのなつにとっての、一番の憩いと活力となるのは、おでん屋・風車からの、おでん? ということになるのかなあ。


ましてや、ものをつくる仕事ともなれば、生まれ育った国ともなれば...。


もしもあったら、嬉しいだろうなあ。


いにしえより大切にされ続けてきた「神話の国・出雲」ならではの味わい深さがあったら...。


鳥取県境港市浜ノ町の「風味絶佳. 山陰」名物として大切にされ続けてきた【無添加 自然食仕様 出雲国の贅沢おでん 5袋 5人前】があったら...。


おでん屋・風車ならば、丹精込めて、こしらえてくれそうな嬉しさで、満たされてしまいそう...。

タグキーワード
2019-04-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第6週 第7週












なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第6週 第7週

5月6日月曜日より放送の第6週では...。


サブタイトル「なつよ、雪空に愛を叫べ」となれば、いよいよなのか?

と思いきや、一筋縄とはいかないであろうことを、否応なしに予感させられてしまうのは、自分一人だけなのかなあ。


それは、兄・咲太郎(岡田将生)との再会の喜びも虚しく、またまた行方知れずになってしまったことで、なつ(広瀬すず)が傷つき途方に暮れてしまってしばらくのこと...。


ある日、なつが川村屋で食事しているところ...。

何と、東京藝術大学に通いながら、アニメーターの仕事にも打ち込む天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)と唐突に再会することになって...。

そのまま陽平から仕事先の漫画映画の制作現場を案内されて、なつは心奪われての感動の昂ぶりのまま、アニメーターになりたいと思うまでに...。


ただ、しかしながら...。

泰樹(草刈正雄)としては、なつを孫の照男(清原翔)と結婚させて、正真正銘の家族としたいという強い想いがあって...。

もちろん、照男にもすでに打ち明けており...。

それでも照男は、すでになつから天陽への想いを肌で強く感じており、天陽にありのままを打ち明けて、なつに向けさせるよう働きかけて...。

悲しいかな、この時の天陽は、なつの本来の胸の内を掴みかねており、確信を抱けずに何も言い出せないままだった。

それぞれの言葉にできない想いを強く感じた泰樹は、意を決するや、これまでの自身の胸の内を、なつに打ち明ける。

すると、意外にもなつからは、涙ながらに強く反発されてしまった。


雪の少しずつ降り積もる、ある日のこと...。

すべてを慮った照男から強く背を押されて、決意の固まったなつは、天陽の家に向けて出発した。

ところが、不運にも吹雪が強まってしまって、道に迷って四苦八苦のなつは、とうとう雪の吹き溜まりに倒れ込んでしまった。



5月13日月曜日より放送の第7週では...。

サブタイトル「なつよ、今が決断のとき」で、とうとう...。


雪の吹き溜まりに倒れ込んで気を失っていたなつは、幸いにも偶然通りすがった阿川砂良(北乃きい)に救われて、二人暮らしの日々を過ごす父親で彫刻家の弥一郎(中原丈雄)の森の奥の家へ運ばれて、無事に保護される。

夜の深まりとなって、囲炉裏の火の温かみで少しずつ意識を取り戻したなつは、弥一郎の一心不乱に手掛ける木彫りの彫刻に惹かれるかのように、無意識のうちに夢中でスケッチを描き続けて...。


こうして夜が明けて...。

弥一郎と砂良に感謝の気持ちを伝えた上で、家を後にしたなつは、昇る朝陽に照らされる雪景色の輝きいっぱいの帰り道で、ついに東京へ出てアニメーターを目指す決意を固めた。

そして、帰り着くとともに、家族へ打ち明ける。 兄を助けるために東京へ行きたい、と。

それでも、泰樹の失望への恐れが上回ってしまってか、アニメーターへの夢だけは、口にできなかった。


明くる日に、富士子(松嶋奈々子)は阿川家を訪ねて、なつの保護への御礼を丁寧に伝える。

弥一郎と武骨さと砂良の素朴さと二人からの野性味を肌で感じる一方で、富士子は不意に、なつの夢中で描いたおびただしい数のスケッチを目の当たりにして、とうとうなつの本心を強く突き付けられることになって...。


ほぼ同じ頃の泰樹は、帯広の菓子店「雪月」を訪ねて...。

他愛ない話の中で、店主・小畑雪之介(安田顕)の長男・雪次郎(山田裕貴)が東京へ行くと聞かされるや、なつを東京へ連れて行ってほしいと頼み込む。

泰樹は家へ帰り着くや、なつに東京へ行くよう勧めて...。

幼い頃からの柴田牧場での日々あって、酪農を引き継がないことを裏切りそのものと、強く思い込んでいたなつは、意外さに唖然とさせられてしまったものの、すぐに意を決するなり、東京でアニメーターとして身を立てたいと、初めて打ち明ける。

ついに泰樹は、なつの決断を快く受けとめる。


時は流れて、明くる年の1956(昭和31)年3月を迎えて...。

なつは高校を卒業した。

なつは天陽と向き合って、別れを告げる。

これまでの青春を過ごした十勝を離れて、東京へ行ってからのアニメーターを目指す決意あふれるなつを、天陽は内心思い留めながらも静かに送り出してゆく。



いよいよ、なつの新たなる旅立ちの時か...。


これまでの北海道・十勝での日々は、もちろんのこと...。

これからの東京での日々への前向きな強い想いを込めながらも...。



北海道上川郡清水町御影の「十勝スロウフード」名物の【頒布会 5,000円コース 全6回 牛とろ屋 北海道産牛 詰合せ】は、もちろんのこと...。


上川郡新得町西1条南の「瀬戸内商事」名物の【北海道十勝熊っこそば (250g×15入×2ケース)】も...。


手軽に口にして満足したいならば、帯広市の「くさなぎ農園」名物の【国産最高級卵 平飼い・朝採り・自家配合飼料 有精自然卵 [鶏卵×80個(正規数量72個+割れ保証8個)]】が...。



おめざとおやつとしては...。


東京都豊島区巣鴨の「山年園」名物の【北海道十勝小豆100% ぜんざい 国産 (180g×3袋セット)】もあれば...。


北海道帯広市西11条の「十勝シフォン」名物の【シフォンケーキ 選べるカットシフォン 詰め合わせセット 8個入り】もあって...。



最後の御口直しとしては...。


やはり、北海道上川郡清水町羽帯南の「森田農場 十勝豆一族」名物の【黒豆茶 たっぷりセット 北海道産 600g 2個】が、一番かなあ。



じっくりと噛みしめたいな。

タグキーワード
2019-04-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第5週




なつぞら NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第5週

4月29日月曜日よりの放送では...。


サブタイトル「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」か...。

誰もそう呼びかけたい気持ちに、より深く案じるかのようになってしまうのかなあ。


はじまりは、ふとしたある日のこと...。

あの東京大空襲で辛うじてなつ(広瀬すず)を救ってくれた、幼なじみの佐々木信哉(工藤阿須加)が、柴田牧場を訪ねて来てから...。

なつは聞かされる。 すでに兄・咲太郎(岡田将生)が、孤児院から逃げ出したこと。 どうにか芝居小屋に住み込んでの仕事に必死になるも、無情にも芝居小屋が潰れてしまって、行方知れずになってしまったことを。

なつは少しずつ揺さぶられることになって...。


信哉が十勝を去ってから、数日ぐらい過ぎて...。

なつは、自身を優しく後押ししてくれた富士子(松嶋奈々子)と一緒に、東京の新宿へ向かった。


なつと富士子を温かく迎え入れることになって...。

信哉は二人をベーカリーカフェ「川村屋」のマダム・前島光子(比嘉愛未)を紹介する。

すでに二人の事情を慮った光子は、従業員用のアパートの空室を、あてがった。


それから何日か過ぎて...。

信哉は思わず咲太郎の姿を浅草で見かけて...。

すぐ知らされることになったなつは、急ぎ足で突き進んで、とうとう咲太郎との再会を果たすことになって...。

ところが...。

明くる日には、咲太郎が手紙を残して、またまた姿をくらましてしまった。

なつが悲しさいっぱいに途方に暮れる中で、ようやく知ったところ、何と咲太郎は多額の借金をしており、信じたはずの知人の持ち逃げで、苦しみの真っ只中とあって、なつには知られたくなかったらしいとか...。

なつは、これまでの咲太郎の経緯に心を痛めながらも、ようやく住み込みの仕事先である伝説の劇場「ムーランルージュ新宿座」へたどり着くことになって...。

そこでなつは、咲太郎から母のように慕っていた踊り子の一人である岸川亜矢美から、すべてを聞かされる。

突然の劇場廃業で大揺れに揺れる中で、咲太郎は知人からの共同経営の話を持ちかけられて、劇場立て直しのために多額の借金をした上で調達したものの...。

何と騙し取られてしまったと知った時には、すでに知人は姿をくらました後だったという。



悲しいかな、どうしても気になってしまう。


岡田将生演じる奥原咲太郎の不遇ぶりを...。



もしかしたら...。


2015(平成27)年10月10日土曜日から12月12日土曜日まで全10話放送、西尾維新原作・野木亜紀子脚本の日本テレビ土曜ドラマ『掟上今日子の備忘録』での、隠館厄介(かくしだてやくすけ)に近い人物設定だったりして???

なぜか知らないけど幼い頃からの不運続きで、まっとうに成長したくても、ほぼ常に災難に見舞われて疲労困狽寸前となって...。

堪りかねて、置手紙探偵事務所所長兼探偵・掟上今日子(新垣結衣)へ駆けつけて、助けを求めたがる姿に近かったりして???


いわゆるナイトドラマやネタドラマだったならば、"半分笑い話(?)"となるんだろうけど...。



やはり、平日午前中の学校登校前や会社出勤前のひとときを、いくらか癒やしてくれるはずの"NHK朝ドラ"ならは、つらくなってしまうのかなあ。


広瀬すず演じる奥原なつの可憐さとひたむきさならば...。

タグキーワード
2019-03-28 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 生きてゆく未来へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます